CBDビジネス

CBD商品カテゴリ別の特徴・OEMの進め方【保存版】

ここ数年で徐々に定着しているCBD。国内でも、オリジナル商品を製造する方が徐々に増えてきています。

今回は、商品開発・OEMを始めるために読むべき記事をまとめました。

この記事でわかること

  • 商品カテゴリの選び方
  • 商品別 OEM情報
  • OEMの進め方

1. 商品カテゴリの選び方

1-1. 主要な商品カテゴリ

例えば、以下のプロダクトがCBDの商品として相性がよく、最初の商品製造におすすめです。

検索ボリュームを比較するとCBDオイルやCBDベイプの需要が高く、国内ブランドも数多くでてきています。

一方で、グミやドリンクといった商品の検索ボリュームはまだ小さいものの、競合が少なく、チャンスの大きい領域でもあります。

また海外製のCBDエディブル商品(食品)は、日本人に馴染みの薄い味や香りのものが多いため、オイルやベイプよりも国内ブランドの商品の方が好まれる傾向にあります。

他にも、入浴剤やバームなどの化粧品、チョコレート、蜂蜜などの商品も売れ始めています。ターゲットとなる販売層や販路に合わせて決めていきましょう。

イメージを具体化するため、最も近い他社事例を集めることがおすすめです。

1-2. バイオアベイラビリティ

CBD商品を引き続き買ってもらうためには、効果実感の有無が重要なポイントとなってきます。

ブロードスペクトラムやナノ化したCBDなど、効果の高い種類のCBDを使用したり、その含有量を多くすることも一つの方法ですが、商品ごとの摂取効率から選ぶこともできます。

例えば、CBD商品はその種類によって、表のように効果があらわれるまでの時間とその持続時間、摂取効率が異なります。より効果実感が高い商品をつくるためには、観点にいれる必要があります。

1-3. 初期投資額

この章の最後で紹介するのは、商品ごとの初期投資額のおおよその目安です。

もちろん、使用するCBDや含有量、フレーバーによって金額は変動しますが、オイルやベイプは、ロット数と初期投資額が比較的小さい商品です。

販売価格は、CBD1mgあたりの価格で設定することが一般的です。

市場にある他社製品と比較し、自社ブランドが高級路線をいくのか、手頃で身近な路線をいくのか、などブランディングと合わせて価格設定しましょう。

2. プロダクト別 OEM情報

CBD商品を製造する場合、その商品によって製造までに決めるべき項目や費用、完成までに日数は異なってきます。

この章では、オイル、ベイプ、ドリンク、グミの4商品に関して、OEM製造時のプロセスを解説します。

2-1. オイル OEM

日本でも少しずつCBD商品が増えてきた中、特に主流となっているCBDオイル。

エディブル商品としてだけでなく、美容用、ペット用と用途の幅も広がってきており、小ロットから作れるため個人での製造も増えてきています。

下記では、CBDオイル製造時に迷いがちな項目や、おすすめのベースオイルに関して解説しています。

2-2. ベイプ OEM

コアなファンが多い、CBDベイプ。

CBDの種類だけでなく、ヴェポライザーの種類やデザイン、香り・味など、どの商品よりも、こだわりを詰め込むことができます。

この記事では、使い捨て・交換式の両方で、CBDベイプの製造を検討されている方へ向けて、デバイス、リキッド/カートリッジ、フレーバーなどを選択する際のポイントを詳しく解説しています。

2-3. ドリンク OEM 

CBDビールや、CBDエナジードリンクなどを中心に海外で流行中のCBDドリンク。コーヒーやハーブティーなど、抽出するタイプのCBDドリンクが増えていますが、日本ではまだまだ商品が少なく狙い目です。

クラブに置くパーティードリンクや、コーヒーショップなど、リアル店舗との相性もよい商品です。

今回の記事では、炭酸ドリンクなどの製造時のプロセスを解説しています。

2-4. グミ OEM

最後に紹介するCBDグミは、場所を選ばずサプリメント感覚で手軽に摂取できるため、挑戦しやすいエディブル商品として根強い人気があります。

海外からの輸入品は日本人好みのフレーバーが少なく、人気商品が限られますが、国内製造だからこそ、味や食感にこだわった日本人向けの商品製造が可能です。

CBDグミのOEMプロセスに関して、初期投資額やロット、タイムラインまで全て解説した記事です。

CBD市場で売れ筋の商品は、下記記事でCHECK!!

■売れ筋CBDグミについて詳しくはこちら
【マジで効く】おすすめCBDグミランキング8選🧸

■おすすめCBDベイプについて詳しくはこちら
【マジで効く】編集長おすすめCBDベイプリキッドランキング💨

■CBDオイルの価格比較、詳しくはこちら
【価格比較】おすすめCBDオイルのコスパランキング【編集長レビュー】

■CBDドリンクレビュー!!詳しくはこちら
飲むCBD?!おすすめCBDドリンク紹介!

3. CBD OEM 基本情報

3-1. 工場選び

商品を製造する際、その種類によって必要となる製造免許や、成分表示等は異なります。

製造する商品によって、食品衛生法や薬機法、所属する自治体の条例などを確認する必要があり、それらは商品製造時だけでなく、パッケージの表示、販売する際に必要な資格に関わってきます。

下記では、依頼先を選択する際に覚えておくべき、製造免許や食品表示法、気になる手数料に関する情報を紹介しています。

3-2. 原料選び

CBD商品を製造する際、使用するCBDが効果を大きく左右します。

最近では、CBDアイソレート、ブロードスペクトラムの他に、CBN、CBG、ナノCBDなど、多様な原料を使用して商品製造が可能になってきています。

下記の記事ではCBDの基本情報だけでなく、テルペン(香り成分)や、抽出方法による違い、安全性を確認するために必須となる成分表の読み方、法律に関する話などをどこよりも詳しく解説しています。

3-3. CBDビジネスを始める前に

他にも、CBDビジネスを始める際に考えるべき、ターゲット設定や商品ごとの販売経路などのポイントを紹介しています。

■原料の卸売りに関して詳しくはこちら
CBD原料・商品仕入れ(卸販売)

■OEMのこだわりに関して詳しくはこちら
CBD商品製造(OEM)

■CBDの種類に関してさらに詳しく
CBD原料の種類まとめ【これを読めば全てが分かる】

4. 最後に

弊社ではCBDビジネスを新しく始められる人向けに、原料販売やOEM受託を行っています。

商品開発やマーケティングなどのサポートを行っておりますので、関心のある方は、下記のフォームよりお問い合わせ頂ければ幸いです。

ABOUT ME
Riho
Riho
OFF.inc メーカーさんとのやりとりを通じて見つけた、商品製造のポイントを発信していきます!