CBDビジネス

【保存版】CBDドリンクをOEMで製造する方へ

CBD商品として海外で流行中で、ビールやエナジードリンクなど、国内でもこれから波がくるであろうCBDドリンク。

コーヒーやハーブティーなど、抽出するタイプのCBDドリンクも増えてきていますが、今回は缶や瓶のCBDドリンク製造を検討している方向けに、商品化までの流れを解説します!

今回の記事でわかること

  • CBDの原料選びとポイント
  • CBDドリンク製造時に意思決定すべき項目
  • 初期投資額とロット数
  • 製造時のタイムライン

ペルソナ、使用シーン、訴求ポイントに合わせて、商品イメージや価格を設定して、素敵なCBDドリンクを作りましょう!

1. CBDの原料を選ぶ

まずは、使用するCBDの原料を決めます。効果実感の高さなど、商品の質を決めるのはこのフェーズといっても過言ではありません!

また、CBD商品を製造する際、その原料が安全で定められたプロセスを得て承認されたものであるのか、製造者も販売者も確認する責任があります。コスト面だけでなく、その輸入元や依頼先の会社が信頼できるのか確認しましょう。

1-1. 輸入プロセスと安全性

man writing on paper

日本国においては、大麻の栽培は指定業者でないと違法です。そのため、現在日本で売られているCBD製品は原料を輸入して国内で加工しているか、製品自体を輸入しているか、どちらかに当てはまります。

どちらのケースも輸入プロセスを踏みますが、その過程で、厚生労働省により定められた書類を準備して、チェックしてもらう必要があります。厚労省が確認する書類一覧

厚労省が大麻取締法に則って確認しているポイントは大きく2つです。

  1. THCフリーであるか(THCが含まれていないか)
  2. 大麻の茎種由来のCBDを使用しているか

CoA(Certificate of Analysis)と呼ばれる製品の成分分析表によってTHCフリーであるか、を確認できます。CoAは自社ラボによるものだけでなく、サードパーティのラボによる分析も可能です。

また、食品の安全性の評価には様々な観点があります。微生物、残留農薬、重金属、放射線、GMO(遺伝子組み替え)などが含有されていないかです。こちらに関してもCoAの中で、上記項目のいくつかに関して評価された実績を示しています。

1-2. CBD原料と配合量のススメ

CBDの含有量と共に決める必要があるのは、CBDの種類です。

CBD種類の基本のキ

麻には、100種類以上のカンナビノイドが含まれていると言われており、「フルスペクトラム」には、その成分がすべて含まれています。 日本では、その中のTHC成分(劇的な精神活性作用がある)の使用が違法であるため、国内で使用できるCBDはブロードスペクトラム、またはアイソレートの2種類です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-1.png

「ブロードスペクトラム」は、「フルスペクトラム」からTHCがなくなるように抽出した製法です。

したがって、日本で違法なTHC以外のカンナビノイドは含まれております。CBDを摂取する際に、CBD単独で摂取するのではなく、CBD以外のカンナビノイドやテルペンと同時に摂取すると、効果が増幅するアントラージュ効果を期待できます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-2.png

CBDのみが含まれているアイソレートは、ブロードスペクトラムとは異なり、アントラージュ効果は期待できません。

これらの2つにに加え水溶性CBDというものも存在し、通常のCBDに比べ吸収速度が効果的に作用するとされています。CBDは、アイソレート、ブロードスペクトラム、水溶性CBDの順に効果が高くなっていくといわれており、特に効果実感が高いと言われている商品の多くは、ブロードスペクトラム、または水溶性CBDが使われています。

特にドリンクで使用する場合、水溶性CBDの使用がおすすめです。通常のCBDは水に溶けないため、沈殿してしまい、効果が薄れてしまいます。

2-3. CBD配合量

次に1回の摂取量あたりのCBD配合量を決めます。

参照:https://takearecess.com/

最適な摂取量は人によって異なりますが、1回でCBD 10~25mgの摂取が一般的とされています。海外で流行しているCBDドリンクのRecessも、1本(12oz, 355ml)に10mgのCBDが配合されています。

瓶などで大容量のドリンクを製造する際も同様で、例えば720mlのドリンクを製造する場合、180ml/杯とすると、ボトル1本には40~100mgのCBDを配合する計算になります。

2. ドリンクの仕様を決める

使用するCBDが決まれば、あとは商品の仕様を決めます。

ここで大切になってくるのは、ブランドコンセプトです。女性向け、アスリート向けなどのペルソナを設定するだけでなく、リラックス目的なのか、美容目的なのか、パーティー目的なのか等、使用シーンも想定し、売りたい層や販路に合わせて商品イメージを磨いていきましょう。

これさえ決めれば製造できる!

  1. 容器
  2. 香料・味・炭酸
  3. パッケージ

2-1. 容器

缶 or 瓶

two brown glass bottles beside clear drinking glass

海外で流行っているCBDドリンクは、缶、または瓶の商品のイメージがほとんどかと思います。

結論、初回のCBDドリンクOEMは、瓶での製造をお勧めしています。というのも、缶と瓶では経済ロットが1桁ほど異なるからです。(瓶は約5,000本〜、缶は約10,000本〜)

また、容量が350ml/本ほどの缶と比べ、瓶は約200ml~900mlと幅広い選択肢から選ぶことができます。

缶で製造する場合は、デザインを印刷してオリジナルの缶を製造することになりますが、瓶の場合は、既存の瓶にラベルやシュリンク(商品を包む、透明なパッケージ)で加工をすることができ、コストを大幅に削減できます。

瓶を選ぶ際は、どこまでラベルを施すことが可能かを確認し、ドリンクが本格的に製造過程に入る頃、デザインも同時並行で入稿しておくと、納品までスムーズに進めることができます。

2-2. 味・香り・炭酸

CBDは多少苦味と独特の麻の香りがあります。使用する原料によって、それらの強さに差はありますが、ドリンクに加えた場合も残ります。

CBDの風味はレモンなど柑橘系の苦味と近いため、それを生かしたフルーツ系の味にしたり、配合するCBDの量を減らして苦味を抑えるなど、CBDを加えた後のイメージと合うように味を選ぶことがポイントです。

参照:https://takearecess.com/

海外のCBDドリンクも、上記のライムやブラッドオレンジといった、多少苦味を感じるフルーツのものや、ジンジャーやハイビスカスといった、ハーブに近い風味のものが製造されています。

香り

味の方向性が決まったら、数ある香料や果汁の中から、イメージに近いレシピを作成します。

実際に試作を繰り返し、ドリンクのフレーバーを決めていくことになりますが、これらは言語化するのが難しい項目です。

市販のジュースなどでイメージに近いものを見つけ、早いうちに出来上がりの状態をすり合わせておくことが、短い期間でイメージ通りの商品を製造するコツです。

炭酸

炭酸を充填するかどうかも、CBDドリンクを製造する上で大きなポイントになってきます。

国内で炭酸充填の可能な工場は数が限られている上、工場のもつ設備によって炭酸の充填が可能な缶・瓶の容量は異なります。(200mlほどであれば、炭酸充填可能な工場は多いです。)

ドリンクの成分によってCBDとの相性が異なり、炭酸を強くしすぎると容器が破損してしまう可能性があったり、そもそも工場設備によっては、充填できる炭酸ガスの強度に限界があります。

また、ドリンクの容量が大きくなると炭酸が抜けてしまうなど、品質面ともバランスをとる必要があるため、炭酸入りのドリンクを製造したい場合は、こちらも炭酸充填後のイメージと近い市販のジュースを見つけ、早いうちに出来上がりの状態をすり合わせておきましょう。

2-3. 容器とデザイン

Alaskan beer bottles

容器の色は、茶・透明のものが多く流通しており、ものによっては緑の容器も存在します。

炭酸充填の有無や、容量によって使用できるボトルは変わってきますが、瓶ビール、ラムネボトル、ワインボトルなど…様々な形の容器を選ぶことができます。

ラベルをデザインし、側面に貼付すれば完成です。

3. CBDドリンク製造までの大まかな流れ

製造までのタイムライン

OEMのCBDドリンク製造は、発注~納品まで2~3ヶ月ほどかかります。

初期費用と最小ロット

ここまで記事を読んでくださった方は、気になるであろう価格やロットですが…

CBDドリンクは 原価200円〜1,000円/本(最小ロット5,000本〜、初期費用 1,000,000円〜)が製造時の目安です。

最小ロットで製造した場合、使用するCBDの種類と配合量によって価格は変わってきます。(特に、水溶性CBDは通常のCBDと比較して6~10倍ほど価格が変わります。)

日常的に飲みやすい商品を目指すのか、効果実感の高さを訴求するのか、パーティードリンクとして高級路線をいくのか…など、販路やターゲットに合わせて使用する原料も選択していきましょう

4. 最後に

弊社ではCBDビジネスを新しく始められる人向けに原料販売やOEM受託を行っています。

商品開発やマーケティングなどのサポートを行っておりますので、関心のある方は、下記のフォームよりお問い合わせ頂ければ幸いです。

ABOUT ME
Riho
Riho
OFF.inc メーカーさんとのやりとりを通じて見つけた、商品製造のポイントを発信していきます!