CBDビジネス

【保存版】CBDグミをOEMで製造する方へ


CBDというとオイル、ベイプ、グミなど様々な商品がありますが、今回はCBDグミの製造を検討されている方へ向けて、どのように商品化を進めていけば良いのかについて解説します。

今回の記事でわかること

  • CBDの原料選びとポイント
  • CBDグミ製造時に意思決定すべき項目
  • 初期投資額とロット数
  • 製造時のタイムライン

1. CBDグミの特徴

CBDグミは、その名の通りCBDが配合されたグミ商品のことです。

近年、サプリメントやオイル、リキッドといった形式のCBD商品に加えて、食べるタイプのものが増加しています。麻特有の苦味を感じにくく、場所やタイミングを問わずどこでも摂取しやすい手軽さから、誰でも始めやすいのが特徴です。

日本でも続々とCBDグミが販売され始めています。ペルソナ、使用シーン、訴求ポイントに合わせて、商品イメージや価格を設定し、素敵なCBDグミを作りましょう!

2. CBDの含有量と種類を選ぶ

まずは、使用するCBDの原料を決めます。効果実感の高さなど、商品の質を決めるのはこのフェーズといっても過言ではありません!

また、CBD商品を製造する際、その原料が安全で定められたプロセスを得て承認されたものであるのか、製造者も販売者も確認する責任があります。コスト面だけでなく、その輸入元や依頼先の会社が信頼できるのか確認しましょう。

2-1. 輸入プロセスと安全性

man writing on paper

日本国においては、大麻の栽培は指定業者でないと違法です。そのため、現在日本で売られているCBD製品は原料を輸入して国内で加工しているか、製品自体を輸入しているか、どちらかに当てはまります。

どちらのケースも輸入プロセスを踏みますが、その過程で、厚生労働省により定められた書類を準備して、チェックしてもらう必要があります。厚労省が確認する書類一覧

厚労省が大麻取締法に則って確認しているポイントは大きく2つです。

  1. THCフリーであるか(THCが含まれていないか)
  2. 大麻の茎種由来のCBDを使用しているか

CoA(Certificate of Analysis)と呼ばれる製品の成分分析表によってTHCフリーであるか、を確認できます。CoAは自社ラボによるものだけでなく、サードパーティのラボによる分析も可能です。

また、食品の安全性の評価には様々な観点があります。微生物、残留農薬、重金属、放射線、GMO(遺伝子組み替え)などが含有されていないかです。こちらに関してもCoAの中で、上記項目のいくつかに関して評価された実績を示しています。

2-2. CBD含有量

まず、1粒あたりのCBD含有量を決めます。

最適な摂取量は人によって異なりますが、食品では1回で10~25mgの摂取が一般的です。

CBDグミはオイルやベイプといった他の商品と比較した場合、作用持続時間が比較的長い(6~8時間)一方で、身体への摂取効率はそこまで高くなく、効果を実感するまでに 30~90分 ほど時間がかかります。

現在日本で購入できるCBDグミ商品のCBD含有量は、5mg~25mg/粒が一般的です。特に、効果が高いと人気のグミは、CBD含有量が25mgのものが目立ちます。

その中でも、含有量が1粒あたり25mgで効果を実感しやすいと売れているのが、 HEMP BABY のCBDグミです。

CBD高濃度グミ HEMP BABY 1250mg(1粒25mg × 50個)

容量を 5 / 25 / 50 / 100粒から選ぶことができ、5つの味が楽しめる上、1mgあたりのCBD単価もかなり安いとコスパ抜群で、人気の商品です。

2-2. CBDの種類

CBDの含有量と共に決める必要があるのは、CBDの種類です。

日本ではTHC成分(劇的な精神活性作用がある)の使用は違法であるため、国内で使用できるCBDはブロードスペクトラム、またはアイソレートの2種類です。

  • ブロードスペクトラム

全ての麻の成分から、THCのみを取り除いたもの。複数の化合物を一緒に摂取できることで、相互作用がうまれるため、効果が高いと言われています。

  • アイソレート

CBDの成分のみを抽出したもの。CBD単体などとも呼ばれています。

これに加え、水溶性CBDというものも存在し、通常のCBDに比べ、吸収速度が効果的に作用するとされています。

CBDは、アイソレート、ブロードスペクトラム、水溶性CBDの順に効果が高くなっていくといわれており、特に効果実感が高いと言われているグミの多くは、ブロードスペクトラム以上が使われています。

しかしながら、効果に比例して原料としての価格も上がってしまうため、CBDグミを製造する際は使用するCBDの種類と1粒あたりの含有量、効果と価格を天秤にかけて決めていく必要があります。

3. グミの仕様を決める

使用するCBDが決まったら、次はグミの製造です。

通常グミを製造する際は、粒数や袋数ではなく、kg単位で製造依頼をします。

最小ロットは100kg~200kgの工場が多いです。あくまで目安ですが、グミ1粒を4~5gと考えると、粒数は最低でも20,000~25,000粒(10粒入りで2,000~2,500袋ほど)がスタートラインとなります。

グミを製造する際に決めていくのは、以下の項目です。

3-1. フレーバー

まずは味。手軽に摂取できるエディブル商品ですが、日常的にCBDを摂取しようとしても、おいしくなければ続けづらいですよね。

CBDグミは、上記で紹介したHEMP BABYのようにアップルやレモン、ストロベリーなどといったフルーツ系のフレーバーが多く、CBDの苦味を感じにくいこれらの商品は初心者でも気軽に楽しめます。

その一方で、麻独特の苦味や酸味を生かしたものも販売されており、 CBD fx の商品には、CBD本来の香りをいかしたフレーバーのものがあります。

CBDグミ CBD fx CBD エフエックス CBD300MG 60粒 高濃度 高純度 E-Liquid vape オーガニック CBDオイル CBD  ヘンプ カンナビジオール :cbdfxgumi1-1:スモトク powered by CIGA - 通販 - Yahoo!ショッピング

CBDを配合すると多少苦味がでます。そのため、CBDを配合した後の味をイメージして、相性のいい柑橘系を選んだり、苦味が少ない原料を選ぶなどしましょう。

3-2. 甘さと食感

海外のCBDグミは、外側に砂糖がついたタイプが多く、ジャリジャリとした食感です。

しかしながら、日本で売られているグミ製品をみてもわかるように、砂糖がつきすぎているものや、毒々しい見た目のものは日本人受けがいいとは言いづらいです。

また、最近は効果が実感できておいしいだけでなく、健康志向の人やヴィーガンの人でも楽しめるものが発売されています。

下の画像は、CBD livingのヴィーガン向けグミです。

日本人に売れているグミ商品は、弾力のあるものが好まれる傾向にありますが、ヴィーガンの人向けに、ゼラチンを使用しない場合、硬さを維持したり、溶けにくいグミを製造することは難しいといわれています。

3-3. グミの型

次は、グミの型を決めていきます。

グミは型によって、見た目だけでなく食感も変わってきます。

ドーム、キューブといったベーシックな型に加え、星やクマ、デザインをプリントしたものなど、様々なものがあり、オリジナリティを出すことができます。

3-4. パッケージ

最後に決めるのは、グミ全体のパッケージです。

パウチ、ボトル、缶などが一般的ですが、比較的個数が少なめの場合(10~30粒)はパウチや缶、多い場合はボトルになる傾向があります。

また、中身を1粒ずつ個包装するのかどうかも決める必要があります。

個包装にすると2~3円/粒ほど費用があがりますが、多少費用はかかったとしても、衛生面やおいしさの維持ができたり、周囲の人へ配りやすいなどメリットがたくさんあります。

最近では、ECサイトなどのネット経由での販売が増えています。ネットでの販売を想定する場合、送料を抑えるために平らなアルミパウチでの製造をお勧めしています。

その一方で、店舗での販売であれば、フックにかけたり、立たせることのできるスタンドパウチ、プレゼントしやすい箱やボトルなど、販路に合わせてパッケージを選ぶ事が重要です。

【豆知識】パッケージと印刷技術

オリジナルのパッケージを印刷する際、工場選びは重要です。

印刷会社と一言でいっても、得意な商品が異なり、チラシや箱といった紙素材への印刷が得意な工場もあれば、プラスチックの包装を得意としている会社もあります。

例えばグミの場合、オリジナルパウチ等を作成するときに、その会社がグラビア印刷とデジタル印刷のどちらを使っているかによって、最小ロットや価格も変動してきます。

デジタル印刷:データから直接印刷する手法
  • メリット:小ロットの場合、短期間/低価格で製造できる。
  • デメリット:大ロットの場合、時間がかかる上に割高。色の再現性が低い。
グラビア印刷:版を作成し、スタンプのように印刷する手法
  • メリット:色の濃淡や細かい差異を出す事ができる。大ロットの場合、比較的短期間で製造できる。
  • デメリット:初回に版代がかかる。最低ロットの枚数が多い。

ロット数や、再現したいデザイン(たとえば、会社独自のカラーコードなどを再現したいなど)によって、使用するパッケージも変更しましょう。

4. CBDグミ製造までの大まかな流れ

製造までのタイムライン

OEMのCBDグミ製造は、発注~納品まで2~3ヶ月ほどかかります。

お菓子の工場は、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの長期休暇期間が繁忙期です。特にこの期間は、余裕をもった製造タイムラインの作成をお勧めしています。

初期費用と最小ロット

ここまで記事を読んでくださった方は、気になるであろう価格やロットですが…

CBDグミは 原価350円〜500円、10粒入り、2,500袋(最小ロット25,000粒〜、初期費用 900,000円〜)が製造時の目安です。

最小ロットで製造した場合、使用するCBDの種類と配合量によって価格は変わってきます。(特に、水溶性CBDは通常のCBDと比較して6~10倍ほど価格が変わります。)

日常的に食べやすい商品を目指すのか、効果実感の高さを訴求するのか、高級路線をいくのか…など、販路やターゲットに合わせて使用する原料も選択していきましょう

4. 最後に

弊社ではCBDビジネスを新しく始められる人向けに原料販売やOEM受託を行っています。

商品開発やマーケティングなどのサポートを行っておりますので、関心のある方は、下記のフォームよりお問い合わせ頂ければ幸いです。

ABOUT ME
Riho
Riho
OFF.inc メーカーさんとのやりとりを通じて見つけた、商品製造のポイントを発信していきます!