CBDビジネス

【原料選び編】CBDビジネスを始める人へ

これまでCBDビジネスを行ってきた経験から、CBDビジネスを進める上でつまづきがちなトピックについてシリーズで触れていきたいと思います。今回はCBDビジネスを行う上でかかせない原料選びについてです。

1. CBD原料の種類

CBDの原料は大きく分けて下記の3種類に分かれます。

麻に含まれる成分は数多くありますが、何を取り出しているかによって呼び方が異なります。

1-1. フルスペクトラム

こちらはTHCが含まれているため、日本では販売することができません。稀に見かける場合は、表示方法を誤解している、または違法に流通している可能性があります。

1-2. ブロードスペクトラム

CBD以外の様々な薬理成分が含まれており、Distillate(蒸留物)として色の付いたの粘度の高い蜂蜜のような液体または固形のワックスで販売されています。少し草っぽい匂いがあります。価格は日本国内だと1kgあたり50万円〜110万円です。

1-3. アイソレート

CBDのみが抽出されたもので、白い粉で販売されています。価格は日本国内だと1kgあたり40万円〜100万円です。ブロードスペクトラムよりも10万円ほど安いのが一般的です。

海外での栽培状況や需給によって価格は変動します。

2. 原料を選ぶポイント

原料になぜここまで価格の差が開くのでしょうか。売り手は様々な謳い文句で販売をしますが、惑わされずに、下記のポイントだけ確認しておけばOKです。

2-1. 法律への準拠

厚生労働省の麻薬取締部がこちらで触れていますが「CBD製品の大麻非該当性の確認について」という審査基準があります。これに準拠している製品かどうかを確かめるのに下記3点を確認しましょう。

2-1-1. 茎種抽出のCBDであることを示す製造工程の写真

2-1-2. 茎種抽出のCBDであることを宣誓する書類

2-1-3. 違法成分であるTHCが含まれていないこと示すCoA

こちらは後ほど読み方を解説します。CoA(Certificate of analysis)の略で、成分分析表とも呼ばれます、ここでTHCが含まれていないことを確認しましょう。

検出限界値は0.025%〜0.001%未満だと安全に輸入できると言われています。

2-2. 原料の安全性

2-2-1. 残留物

大麻は土壌の除染にも使用されるほど地中の成分吸収する力が備わっています。農薬や重金属などを取り込んでしまう可能性があります。

これらが安全性基準の許容値を超えないことが成分検査によって証明している事業者の原料を購買する方が安心です。

2-2-2. 第三者機関の検査

海外の悪徳なメーカーによっては書類を改竄する可能性などもあります。メーカの研究施設ではなく、第三者機関による検査を受けていることも安心材料の1つです。

2-3. 特殊加工技術

2-3-1. ナノ化

CBDの分子サイズのを小さくするナノ化技術をを持ったナノCBDがあります。下記はFolium Biosciences社の例ですが、通常100-1000nm程度の分子を250nmまで小さくすることで、血中に到達する割合が10%のところを50%以上まで引き上げることができます。また、ナノCBDはドリンクなどの液体に溶かす際も固まらずに攪拌しやすくなります。

2-3-2. 水溶性

CBDは脂溶性の原料なので油に溶けますが水には溶けません。水と油を混ぜるには下記の2種類の方法があります。

ドリンクなどの液体に溶かした商品を開発する際は、上記の水中油滴型のイメージになります。

通常は「乳化剤」という添加物を使い、CBDの粒子の周りに油と乳化剤がくっつき、水中に均等に浮かせる形になります。厳密に言うと水に溶けていませんが、水に溶けたように見えます。液体自体は白濁します。

水溶性CBDは、CBD以外にも乳化剤など他の成分が含まれて販売されています。そのため、例えば1kgの水溶性CBDを購買する場合、CBDの含有量は5-20%であることが多いです。価格は国内で40万〜100万円程度です。

2-4. CBD以外のカンナビノイド成分

2-4-1. テルペン(香り成分)

大麻には植物に含まれる香り成分であるテルペンが含まれています。下記の通り沢山の種類が含まれていますが、品種によって含有物や割合が異なります。

アイソレートを買う場合は無味無臭ですが、ブロードスペクトラムを買う場合は、原料によって香りが大きく異なります。テルペン単独で販売をしていて好きなものを組み合わせられる事業者もいます。

2-4-2. CBG/CBN/CBC

以下の記事で詳しく触れていますが、大麻の中にはCBD以外にもCBG/CBN/CBCなどの薬理成分が含まれています。

これらの構成比の違いによってCBDの効果である不眠、不安・ストレス、抗炎症などへの効き目が変わってきます。

3. 成分分析書(CoA)の読み方

CoAはこのような形式で原料供給者が出してきます。確認すべきポイントを解説していきます。

3-1. 含有成分

上記の書類はCBDアイソレートのCoAなので、CBDとCBDV以外の成分は「LOD」と書かれています。LODはLimit of Detectionの略で、検出限界値を指しています。

LODの0.02%を下回っている成分は検出できなった成分です。THC関連の成分は全て非検出である必要があります。

3-2. 残留物

Residual Solvent (残留溶媒)やHeavy Metal(重金属)などの検査を行って、それらが含まれていないことが示されています。

3-3. バッチナンバー・検査日

日本へ輸出される製品毎にバッチナンバーが付与されています。自身が購入する商品の検査結果であるかどうかを確認しましょう。また、検査日があまりに昔のものである場合は、注意が必要です。

3-4. 分析担当者のサイン

分析担当者の手書きのサインがあることも必須です。

4. 商業輸入と個人輸入

CBD原料の販売を国内で行うには税関の検査を受けて、商業的に販売をすることを申請した上で検査に通過する必要があります。

その一方でCBDの原料は個人輸入やハンドキャリーで海外から持ち帰るなど、いくらでも入手する方法はあります。

そのような商品は、個人の使用目的で保持しているものなので、これまで見てきたような検査を通過していないため、THC含有などのリスクが高いです。

正規で輸入をしていれば、原料販売者は税関が発行する「輸入許可通知書」を持っているはずなので、しっかりと確認するようにしましょう。

購買を決定して以降、またNDAを結んでから開示をする輸入事業者も多い状況ですが、確認しておくと安心です。

5. 最後に

新たにCBD製品の卸売・OEM製造・その他、新規で事業を始めようとされている方は、下記のフォームよりお問い合わせ頂ければ幸いです。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。