CBDビジネス

【ペルソナを大公開】CBDはどういう人に売れてるの?

CBDビジネスを行う上でどんな人が買ってくれるの?と想像することも多いと思います。

今回は数百人以上の方に販売をしてみて見えてきたターゲット像について解説します。

1. 前提

弊社は東京に拠点を置く会社です。創業者2名の周りを中心に、数百人以上のCBD初心者に販売・サンプリング・ユーザーインタビューをしてみた結果という前提で解説していきます。

2. 共通項

現段階でCBDを使用しているのは、イノベーター層です。まだ普及している商品ではないので、何かしらの認知のきっかけが必要です。

出典:https://connect-material.com/post-284/

「CBD知ってます!」という日本人の属性を分析してみると、下記のいずれかに該当する場合が多いです。

  • ビジネスマン(スタートアップ経営者・投資家・食品製造業者)
  • ヘルスケア(医師・薬剤師・ヨガ・鍼灸・アロマ・瞑想)
  • 海外経験(留学・海外駐在・帰国子女)
  • ナイトマーケット(バー・カフェ・クラブ・シーシャ)

これらの属性に該当する有名人がインフルエンサーとなって、あるいはメディアが取り上げることで少しずつ認知が拡大していく予測です。

以下で3名のターゲットを解説していきます。

3. ビジネスアスリート

  • 34才
  • 男性
  • 経営者
  • 未婚
  • 渋谷在住
  • SNS (Twitter)

高いパフォーマンスを維持したいので、健康レベルをコスパよく上げたい。

・普段の生活スタイル

  • 9:00-21:00まで仕事。昼間は打ち合わせなど外回りで夜は勉強や会食。
  • 事業の拡大やキャリアアップを最優先に生活。

・健康課題

  • 忙しさによる不眠
  • プレッシャーによるストレス

・健康活動:

  • 近所のジムで筋トレやランニングなども週1-2回くらいする。
  • 根拠に基づく成分・金額に対する成分含有量のコスパを気にする。
  • 忙しいのでオールインワンの製品があると楽。味は気にしない。
  • Nature Madeのマルチビタミンサプリ(2500円)を飲んでいる。
  • 知り合いの口コミで商材を選ぶことが多い。
  • 健康商材には、毎月5000-10000円くらい使っている。

・CBDへの関心

  • 知ったきっかけは、知り合いの経営者からおすすめされたこと。
  • オイルやカプセルをメインに使っている。
  • 朝起きた時にスッキリ起きれる熟睡感がよくて使っている。

4. 健康セレブ

  • 28才
  • 女性
  • 外資系PR会社
  • 未婚
  • 目黒在住
  • SNS (Instagram)

ハイブランドの商品を生活に取り入れたい、香りでリラックスしたい。

普段の生活スタイル

  • 普段は人と接するカスタマーサービスや広告系の仕事が多い。
  • 平日の夜や週末は買い物をしたり、おしゃれなカフェで友達と食事。

・健康課題

  • 肌荒れ
  • 体型の乱れ

・健康活動:

  • プライベートジム (30,000円/月)に通って1on1で指導を受けている。
  • エステ・整体・ヨガなどもたまに通う。
  • 自宅にはアロマやサプリ(8000円/月)など置いてある。

・CBDへの関心

  • 知ったきっかけは、お気に入りのInstagramerが使っていたこと。
  • バームやオイルが使いやすい。
  • 自宅で使った時の香りやリラックス感が好きで服用している。

5. リラックスリーマン

  • 32才
  • 男性
  • 銀行員
  • 既婚
  • 武蔵小山在住
  • SNS (Facebook)

仕事の息抜きにChill Outして、ストレス解消できる時間が欲しい。

・普段の生活スタイル

  • 会社で定時まで働き自宅と職場を往復する生活スタイル。
  • 平日の夜や週末は、息抜きに友達と飲みに行く。
  • 自宅でタバコを吸ったり、Youtubeを見てゆっくりすることもある。

・健康課題

  • 仕事のストレス
  • 不健康な生活習慣

・健康活動:

  • 食生活にたまに気を使っている程度。
  • 飲み会で沢山食べてカロリーオーバーすると太るので気をつけている。
  • 運動を定期的にするように心がけているが、あまり実現できていない。

・CBDへの関心

  • 知ったきっかけは、Yotuberが使っていたこと。
  • ベイプでリラックスできるのは良い。
  • 酒や電子タバコと比較してコスパが良ければ継続できそう。

6. まとめ

まとめると各ターゲット欲しいものは下記のようになります。

  • ビジネスアスリート → パフォーマンス・成果
  • 健康セレブ     → ハイブランド商品を使う自分・周囲の反応
  • リラックスリーマン → 息抜きの時間

分類の仕方は様々ですが、よりしっくりくるターゲット像を定めてから販売すると、宣伝方法や商品のデザインなど、具体的に検討しやすくなります。

こちらの本でも強調されていますが、n=1を深掘りすること、固有名詞で顧客をイメージすることは重要だと思います。

商品を販売する際の参考にしてみてください。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。