CBD基礎情報

働き盛りの「五十肩」にはCBDが効果あり!?

「四十肩」や「五十肩」などは、40歳代・50歳代に発症する肩の痛みのことを指します。

肩こりのように、マッサージや湿布などですぐ改善するものではなく、日常生活に支障をきたす痛みが現れることがしばしば起こるこの症状。働き盛りの中年層に多く発症するため、この症状にお悩みの方はたくさんいらっしゃるかと思います。

そんな「五十肩」に、今話題のCBDが効果的である可能性が高いと言われているんです。

この記事では、「五十肩」の症状やその原因、治療法とCBDが「五十肩」に効く理由を解説いたします。

1. 五十肩の症状

「五十肩」というのは、”50歳代に発症する事が多い肩の痛み”の俗称になります。”40歳代に発症する肩の痛み”は「四十肩」と呼ばれます。中年層に発症しやすい症状ですが、まれにまれに2,30代の若年層でも発症することがあります。
この肩の痛みの正式名称は「肩関節周囲炎」と呼ばれています。

よく肩こりと混同されがちな「五十肩」の症状ですが、肩こりは筋肉の緊張などから起こるものであるため、全く別の症状です。

五十肩は、肩甲骨と上腕骨をつなぐ肩関節に痛みが現れます。そのため、腕を持ち上げるような動きに痛みが生じ、腕を外側に回すような動きは特に痛みを感じやすくなります。

例えば…..

  • 歯を磨くとき
  • シャンプーをするとき
  • 洗濯物を干すとき
  • エプロンの紐を結ぶとき
  • 髪を後ろに束ねるとき
  • 洋服を着替えるとき
  • 電車でつり革をつかむとき

このように日常生活での些細な行動に痛みを感じるため、1日に何度もその痛みを経験することで心労も溜まりやすくなる可能性が高まります。

2. 五十肩の原因

五十肩は発症する年代からもわかるように、加齢が原因と考えられています。

そして、五十肩の正式名称である「肩関節周囲炎」の原因は、肩関節の周囲に起きる炎症です。

具体的には、「腱板炎」・「上腕二頭筋長頭腱炎」・「腱板疎部炎」などが起きている状況を指します。

また、典型的な「五十肩」の正体としては、「癒着性肩関節包炎」というものが挙げられます。これは関節包という肩関節を包む膜に炎症が起こり、最終的には癒着してぶ厚くなってしまう状態です。この癒着性肩関節包炎が、肩が挙がらない・回らない状態を引き起こすと考えられています。

上記のような炎症が原因で痛みが起こる「五十肩」ですが、実はこれらの炎症が起きる根本的な原因は明らかになっていません。
ただ五十肩は、自然と治癒する症状であることも知られています。

2-1. 五十肩になりやすい人

五十肩は40~50代で最も多く発症します。

なぜ40~50代の人が起こりやすいのか?
それは、加齢によって肩周辺の組織がもろくなり始めることが主な原因です。また意外なことに、仕事やスポーツなど活発に体を動かす人が発症しやすいとも言われています。肩関節が動く範囲が大きいために骨以外の組織が引っ張られやすくなることが原因と考えられています。

そして糖尿病を患う人は、そうでない人と比べて五十肩になりやすく、また治りにくいこともわかっています。糖尿病により血糖が高い状態が続くと、関節包などを構成しているコラーゲンが硬くなりやすいことが原因と考えられています。

2-2. 痛みには3つの段階がある

五十肩は、痛みの強い「炎症期」と、痛みは落ち着いているが思うように肩が動かせない「凍結期」、痛みが改善する「回復期」の3段階に分けられます。

ほとんどの場合は、経過と共に痛みは改善していくと言われています。

炎症期

炎症期(急性期とも呼ばれる)は、痛みが最も強く現れる時期です。初期の段階では肩の前側にピリッとした痛みを感じ、その後肩周りの感覚が鈍くなったり、腕や首などにも違和感を感じるようになります。そうなってくると腕を持ち上げたり回したりする場合はもちろんのこと、就寝時や何もしていない時でも痛みを感じるようになります。痛みで夜中に目覚めてしまうことがあるため、睡眠障害が起こり、その結果疲労が溜まるという悪循環に陥る可能性も。

この炎症期は約3〜9ヶ月ほど続きます。

凍結期

凍結期(慢性期とも呼ばれる)に入ると、痛みの程度が軽減し始めます。朝晩の痛みや就寝時の痛みは軽くなりますが、治ったと思って過度に動かすと肩に強いつっぱり感を覚えるのが凍結期の特徴です。炎症期の痛みのせいで肩を動かさない時間が長いために肩関節が硬くなり、肩の可動範囲が狭くなります。

痛みは少ないものの、肩が動かしにくくなるこの凍結期は、約一年ほど続くとされています。

回復期

凍結期を経て回復期に入ると、痛みは徐々に消失してゆき、肩が動かせる範囲も大きくなります。肩を動かしても痛みを感じなければ、五十肩が治癒したことになります。

経過は人それぞれで、半年ほどで治癒することもありますが、完治までに2年ほどかかってしまう場合もあります。

3. 五十肩の治療方法

基本的には何もしなくても治ると言われていますが、痛みが強い場合は病院や整骨院などでの治療が必要となる場合があります。専門医による治療を受けることで症状を軽減したり、治癒までの期間を短縮することができます。

鎮痛剤処方

何もしていなくても痛い、痛みで寝付けないという場合は、ステロイド系の消炎鎮痛剤を関節注射をする場合があります。注射をする必要がない場合は、ロキソニンなどの飲むタイプの痛みどめを処方されることもあります。また、鎮痛剤を使用しない場合は寒冷療法を行い、患部をアイスパックなどで冷やす方法もあります。

運動療法

運動療法ではリハビリを行います。ストレッチや振り子運動は肩関節の緊張をほぐし、痛みの緩和と、関節の可動域を広げる事を目的とします。五十肩は左右どちらか一方に発症する事が多いので、痛みのない側の予防策としても有効です。

温熱療法

患部の血行を良くすることで、痛みの緩和を目的とします。
医療機関で行う温熱療法には、ホットパックや、マイクロ波など機器を使った治療があります。自宅では入浴や蒸しタオル温湿布などを使用して患部を温める方法があります。

4. CBDが五十肩に効く理由とは?

明確な原因がわかっていないものの、加齢によって発症しやすくなる「五十肩」。
病院に行かずに自然治癒を待ちたいけど、痛みなどの症状は軽減したいと考える人は少なくないはず。

そんな方には、CBDを使用してみることをオススメいたします。
そもそもCBDって何?と疑問に思った方は、是非こちらの記事をご参考ください。

それでは、CBDが五十肩に効くと言われる理由をエビデンスを元に解説していきます。

4-1. 抗炎症・鎮痛作用

CBDはセロトニンなどの神経伝達物質である受容体に働きかけることで痛みを軽減したり、和らげる作用があると明らかになっています。具体的な使用例としては、がん治療の副作用改善や、頭痛、関節痛、生理痛などの軽減に使用されています。

また、CBDは免疫細胞の活動を調整/抑制することから、全身の炎症を抑える作用があります。CBDの抗炎症作用は、肌荒れ・リウマチなどの関節炎・多発性硬化症などに効果があると考えられています。

4-2. 睡眠障害

CBDには、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌を促進する作用があることが報告されています。
詳しくは下記の記事をご参考ください。

五十肩による痛みで眠りが浅い、なかなか寝付けないといった悩みをCBDが改善してくれるかもしれません。

4-3.細胞の修復を助ける

五十肩の原因に深く関連する腱板や関節包。これらを構成している皮膜や滑膜はコラーゲンでできています。

人間の身体は加齢とともにコラーゲンを生成する繊維芽細胞の機能が低下していきます。また、生成されたコラーゲンが酸化ストレスや糖化の影響により質が悪くなったり、炎症が起きた細胞の修復に時間がかかるようになります。

CBDは体内の酸化ストレスや糖化を防いだり、繊維芽細胞の働きを促進する効果が期待できます。この作用によって質の良いコラーゲンが生成され、炎症が起きた箇所を修復する一助となる可能性があります。

4-4. 血流の改善

CBDは緊張している身体をリラックスさせる作用があります。

また、2010年のうさぎを対象とした研究では、CBDが肺動脈の血管に弛緩作用をもたらしたことが報告されています。この作用から、CBDは高血圧の治療にも効果があるのではないかと期待されています。

五十肩の痛みで動かさなくなった箇所の血流をよくすることで、ストレッチなどのリハビリ効果を増幅させ、治療期間を短縮できるかもしれません。

4-5. ストレス軽減

五十肩の症状により日常生活の活動が制限されたり、痛みで眠れない日が続くと、ストレスが増幅する可能性があります。

CBDは心身をリラックスさせ、ストレスを軽減してくれるセロトニンやGABAといった神経伝達物質の分泌を促進する作用があると考えられています。

5. 五十肩にオススメのCBD

CBDには製品や目的によって様々な摂取方法があります。

五十肩の痛みを軽減する方法と言えば、湿布など皮膚に直接貼るタイプを想像されるかもしれません。
しかし、五十肩によるストレスや睡眠障害も軽減するためには、CBDを血管内に吸収させて全身に作用させたいので、CBDを直接肌に塗布する以外の摂取方法もご紹介いたします。

CBDの摂取方法の詳細や、各摂取方法ごとの摂取効率についてはこちらをご覧ください。↓

今すぐ痛みや辛さを和らげたいなら吸入摂取

吸入摂取は即効性があり、「今すぐこの痛みを何とかしたい!」「痛みから来るストレスを和らげたい」という時にオススメの摂取方法です。

他の摂取方法と比べて効果の持続時間は短いですが、単発的な症状軽減に効果的です。

オススメのCBDベイプ(吸入製品)はこちらをご参考ください。↓

局部のみの痛み軽減には経皮摂取

CBDを痛みのある箇所に直接塗布する経皮摂取は、塗った部分にのみ抗炎症作用や鎮痛効果をもたらします。

経皮摂取はCBDが血管に吸収されないため、全身に作用することはありません。CBDを摂取すると眠くなるという方や、胃腸に障害がありCBDを体内に吸収させたくない方にオススメです。

できるだけ長く効果を持続したいなら経口摂取

CBDエディブル(食品)での経口摂取は、約8時間ほど体内での効果が持続すると言われています。

夜中に何度も起きてしまう方や、日中の活動時間における痛みを和らげたい日にオススメです。

CBD摂取をルーティン化したいなら舌下摂取

CBDオイルの舌下摂取は、CBDの最も一般的な摂取方法です。

CBDオイルは通常スポイトがついており、そのスポイトで何滴舌下に垂らすか、といった目安を計ることができます。吸入摂取や経皮摂取ではわかりずらい、CBDのご自身に適した分量を知ることが可能です。

また、オイルは舌下摂取以外にも飲食物に混ぜたり、そのまま痛む箇所に塗り込むことも可能なため、CBDを生活のルーティンに入れ込みやすい製品です。

オススメのCBDオイルはこちらをご参考ください。↓

内服薬・アレルギーをお持ちの方へ。
CBDを使用する際はまず、内服している薬とCBDの組み合わせに問題がないか確認するようにしましょう。

CBDは薬剤の代謝・排泄に関わる酵素であるシトクロム450(CYP450)を阻害すると言われています。CBDの摂取を開始する前に、必ず医師に相談するようにしましょう。

また、CBDオイルで使用されるココナッツオイルなどにアレルギーがないか、事前に確認しておくことも忘れずに。

Webライターの募集

現在、弊社メディア ‘tokyo mooon’では、Webライターを募集しております。

「一緒に正しいカンナビスの知識を発信したい」、「CBD業界を発展させたい」方など少しでも興味がございましたら、下記連絡先にご連絡下さい!

連絡先:info@off-inc.com

募集要項詳細:https://off-inc.com/recruit/marketing/

【おまけ】最大20%OFF!期間限定のCBDクーポンを無料プレゼント!

最後まで読んでください!
10%OFF・15%OFF・20%OFFクーポンの獲得方法について記載しています!

【10%OFFクーポン】

tokyo mooon運営のネットショップにてご利用可能な期間限定の10%OFFクーポンを無料配布中です!

tokyo-mooonは安心・安全でおいしく続けやすいCBD商品を厳選して販売しています。

このクーポンを使えば当社こだわりのCBD商品を最大10%OFFで購入できます。

クーポンの利用方法はとても簡単!

以下のクーポンコードを、商品購入時に入力するだけです!

\10%OFFの期間限定クーポンコード/
DlFw33
※コピーして、購入ページのクーポンコード記入欄に張り付けてください
(詳細は下図)

クーポン利用方法

※無期限でご利用いただけます。 利用回数は【1回のみ】です。


【15%OFFクーポン

LINEの友達追加していただくだけで、15%OFFになるクーポンコードを無料プレゼントします!

お得なキャンペーン情報をどしどし配信するので、是非ご登録ください。

他社ストアよりもお安く購入でき、さらに送料も無料ですので、是非ともこの機会にCBD商品をお試しください。


【20%OFFクーポン】

最後に、なんと、4/20より「tokyo mooon CBD Testing Room」を目黒駅近くにオープンしました。

  • 全品無料でお試し可能
  • 全品20%OFFで購入可能
  • 店舗限定商品あり
  • お客様の悩みや生活スタイルにあった商品をスタッフからご提案

とネットでの購入より非常にお得です。この機会に是非足をお運びください。

開店時間12:00 〜 20:00
定休日なし
電話番号03-4400-6674
住所東京都目黒区下目黒3丁目1-22 谷本ビル2階B号室

以下、店舗までのアクセス方法です。

JR目黒駅東口から徒歩10分

1. 目黒通りに沿って目黒川に向かって歩きます
2. そのまま真っ直ぐ直進して、大島神社が見えたところを左折します

Instagram↗Twitter↗でもWebにはない情報を発信しています。是非フォローをよろしくお願いします。また、お困りごとございましたら、お気軽にDM(お問い合わせ)下さい。

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。日本臨床カンナビノイド学会会員。青山や代官山によく足を運びます。