CBD基礎情報

世界が大注目のCBNって知ってる?(CBDじゃないよ😏)

カンナビノイドといえば、CBDとTHCが注目されています。

しかし、カンナビス(大麻)には100種類以上のカンナビノイドが含まれていることをご存知ですか?

過去10年間の研究の増加により、カンナビスサティバL.の多くの魅力発見され、そのうちの1つがカンナビスに含まれるカンナビノイドという化合物です。

今回ご紹介するCBNはこれらのカンナビノイドの一つです。

THCやCBDと同様に、CBNにも重要な医学的効果があり、その効果からこのカンナビノイドがNext Big Thinkになる可能性があります。

ここでは、このカンナビノイドがどのようにあなたの役に立つのかを理解するために、CBNを探ってみましょう。

1. CBNとは何か?

CBN(カンナビノール)は、THCが酸素にさらされると生成されるカンナビノイドです。

基本的には、THCが酸化したり、光や空気にさらされるとCBNに変化します。

大麻の袋を1年ほど引き出しの中に入れたままにしていた場合、この熟成された、保存状態の悪いカンナビスにはCBNの含有量が高い可能性があります。

これは必ずしも悪いことではありません。

カンナビスの花や製品を適切に保管して、できるだけ長く、できるだけ強力な状態を保つようにしたいものですが、CBNには治療効果が期待できる可能性があります…特に睡眠に関して。

CBNの発見は何も新しいものではありません。

実際、1940年代と1950年代にカンナビノイドの実験が最初に行われたとき、その多くはカンナビスから抽出されたTHC、CBN、またはCBDを用いて行われました。

CBNの最初の薬理学的観察は1946年に行われ、THCはマウスにカタレプシー状態を引き起こし、CBNは高用量でマウスに投与した場合にのみカタレプシーを誘発することが発見されました。

これらの観察は、異なるカンナビノイドに異なる作用機序があることを示唆しただけでなく、CBNは向精神作用に関してTHCよりも有意に効力が低いことを示唆しています。

CBN固有のメリットは何か?詳しく見ていきましょう。

2. CBNのメリットは?

CBNに関する研究は昔からありましたが、THCやCBDほど注目されていませんでした。

しかし、1990年代にエンドカンナビノイドシステムが発見され、医療用および娯楽用カンナビスが合法化され、受け入れられるようになったことで、ここ数年でCBNについて重要な発見がいくつかありました。

他のカンナビノイドと同様に、CBNは大きな健康効果が期待されています。

CBNにはどのような効果があるのでしょうか?

2-1. CBNの鎮静作用

CBNには強力な鎮静作用があります。

Steep Hill Labsの研究によると、CBNのわずか5mgは、ジアゼパム(別名バリウム)の10mgと同じくらい強力であることが示されています。

インディカ種はCBN含有量が高い傾向にあり、インディカ種に有名な鎮静効果、カウチロック効果を説明することができるのです。

2-2. 骨の成長促進効果

CBNは骨組織の成長を促す可能性があります。

これは、血液細胞に変化することが知られている間葉系細胞を、骨や他の種類の組織と同様に間接的に刺激することによって引き起こされます。

CBNは、骨折や骨折を治すための将来の治療法として有望なのでしょうか?

さらなる臨床研究が必要ですが、可能性は間違いなくあります。

2-3. 乾癬に対しての効能

CBNは皮膚細胞の過剰増殖を遅らせるという驚異的な能力を持っています。

これは乾癬の患者にとっては有望であり、皮膚細胞の再生が3~4倍速くなるためです。

ある研究では、CBNを局所的に塗布することで乾癬の治療に役立ったという結果が出ており、

カンナビノイドには抗菌作用があるため、火傷やMRSA(スタフ感染症)の治療に効果的である可能性があると研究者たちは示唆しています。

CBDとTHCの両方のように、CBNは抗炎症性作用を含むことが知られています。

3. CBNの未来はどうなるのか?

CBNはTHCやCBDのように高い評価を現状受けているわけではありませんが、カンナビノイドの将来は有望視されています。

ちょうど10年前、事実上誰もCBDのことを知らなかったことを覚えておいてください。あなたはそれを信じることができますか?

CBNはユニークなカンナビノイドであり、治療効果も期待できます。

ブドウ球菌感染症に効果的な強力な抗菌性作用があり、鎮静剤としても優れた可能性を示しています。

骨の成長を刺激し、骨折を治すのにも役立つ可能性があります。

食欲を刺激する作用もありますし、 炎症とそれに関連する痛みを軽減するのにも役立ちます。

CBNはカンナビノイド界のNext Big Thingです。

精神作用やTHCのような副作用がないので、特にそうでしょう。

カンナビノイドを含む治療用化合物の研究はますます増加しているので、CBNは近々注目を浴びることになるでしょう。

4. CBNは次のCBDとなりうるか?

実際のところはどうなるかわかりません。カンナビスは非常に複雑な植物です。

ラファエル・メクーラムは、かつて植物を「医薬品の宝庫」と称しました。

将来的には、CBNオイル、カプセルなどが販売されるようになるかもしれませんが、今のところ、CBNを多く含んだ商品を購入する手立てはほとんどありません。

CBNを販売している会社はありますが、CBDのようにプッシュされているわけではありません。

鎮静作用があるので、睡眠を目的としたCBD製品にはよく合うのではないかと想像できます。

このような鎮静効果は、不安やパニック発作を経験している人にも期待できるかもしれません。

研究によると、CBNはバリウムよりも鎮静効果があるとされています。

弊社では、CBDをはじめとするカンナビノイド全般の原料の卸売りなどカンナビス、カンナビノイドを用いた食品ビジネス全般のサポートをしております。

ご興味がある方は、以下よりご連絡頂けると幸いです。それでは、次回記事もお楽しみに🌙

【参照文献】
WHAT IS CBN? (THIS CANNABINOID MIGHT BE THE NEXT BIG THING)

https://www.cbdschool.com/cbn-cannabinol/
ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。