CBD基礎情報

CBDの効果効能

CBDが治療効果を持つ疾患や症状が明らかになってきています。アメリカ国立衛生研究所のアメリカ国立医学図書館が管理するPubMedで検索すると、500件以上の論文がヒットします。

様々な病気への研究が現在もなされている途中ですが、「The cannabis health index」という本を参考に、ここでは科学的に信頼性の高いCBDの効果について紹介します。

1. CBDの効果

CBDは以下、24つの病気に有効だと言われています。

  • 依存症
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • 喘息
  • 自閉症
  • アルツハイマー病
  • ADD/ADHD
  • 不安神経症
  • 関節炎
  • 自己免疫疾患
  • がん
  • 脳震とう、脳/脊髄損傷
  • うつ病
  • 糖尿病
  • 線維筋痛症
  • 炎症性腸疾患
  • 偏頭痛
  • 多発性硬化症(MS)
  • 悪心/嘔吐
  • ニューロパチー
  • 肥満
  • パーキンソン病
  • 疼痛
  • 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
  • 統合失調症
  • 発作性疾患(てんかん症候群)
  • 皮膚病
  • 睡眠障害

具体的な効果効能について1つずつ解説をしていきます。

2. 肩こり・筋肉痛

肩こりは肩の筋肉が緊張し、硬くなることで発生します。「同じ姿勢、眼精疲労、運動不足、ストレス」が4大原因とされており、長時間のデスクワークなども肩こりの原因となります。

また、筋肉痛は、筋肉を激しく動かした時に「筋繊維」が傷つき、それを修復するときに炎症が起こることで痛みが引き起こされる現象です。

CBDが皮膚などの末梢組織や免疫系の細胞に多く存在するカンナビノイド受容体にくっつくことで、炎症を緩和してくれる効果があります。

3. てんかん

てんかんは、脳内の神経細胞の異常な電気的興奮に伴って、痙攣や意識障害などが発作的に起こる慢性的な脳の疾患です。

難治性てんかんの少女シャーロットさんがCBDオイルの服用によって、発作回数が激減した事例がCNNの医療番組で放送されたこともあり、CBDが有名になるきっかけとなりました。

CBDは、GW製薬によって開発されたてんかん治療薬「Epidiolex」として、正式に医薬品としての承認も受けており、医療的有効性が認められています。

4. PMS・生理痛

PMS(月経前症候群)とは、女性の生理の1~2週間前に起こる症状で、気分の変化、胸の圧痛、けいれん、頭痛、にきび、膨満感、腸の変化などがあります。

PMSはホルモンバランスの乱れによって発生しますが、CBDは身体の恒常性を維持する作用があるため、ホルモンを落ち着かせ、症状を緩和してくれます。

多くの女性が生理の際に経験する、下腹部や腰の締め付け感、刺すような痛みを緩和する効果も研究されています。古くから麻が生理痛の治療のために使用されてきた歴史があります。

5. 睡眠障害

眠りの問題がある人は日本にはたくさんいます。世界各国と比較して、睡眠時間が短い国です。働きすぎ、夜間のスマホのいじりすぎ、長い通勤時間などが理由として挙げられています。

なぜCBDは睡眠に効果を発揮するのでしょうか?

それには、CBDに含まれる神経伝達物神経伝達物質、アナンダミドが関係しています。アナンダミドが覚醒作用を促すヒスタミンを抑制し、眠気を引き起こすと言われています。

6. ペット

人間の身体にあるカンナビノイド受容体は動物にも存在しているため、人間と同じように犬と猫でも同じように機能します。

動物にとっても不安・ストレスの軽減・炎症の緩和など人間と同じ効果が期待できます。攻撃的な行動の抑制、鎮痛、食欲の増進などを目的に使用します。

動物によってカンナビノイド受容体の感度や体重が異なるので、小さいペットの場合はCBDの推奨用量は人間よりも少量で効果実感があると言われています。

7. 肌荒れ

ニキビや吹き出物などの肌トラブルは、食事や生活習慣の乱れ、ストレスなどによる、毛穴の細菌や皮脂による炎症が主な原因です。

炎症を抑えるCBDには抗炎症作用があります。肌の細胞に作用することで、皮膚の乾燥やかゆみが改善し、塗り薬の使用量が有意に減少したという研究もあります。

CBDオイルを皮膚に塗布すると、血流には到達しないため全身を循環することはありません。皮膚の表面から吸収され、カンナビノイド受容体へ作用することで、局所的に効果を発揮します。

8. がん

抗がん剤の副作用として発生する吐き気、食欲低下、疼痛などの症状を抑えることができ、欧米など一部の国や地域で使用されています。

がん細胞の増殖や転移を抑える、抗腫瘍作用も動物事件では確認されています。しかし、ヒト臨床試験での確固たる根拠は無く、現在も研究が進められています。

他の薬と組み合わせての使用CBDは直接的にガンを治療できるとは言えませんが、抗がん剤の仕様による副作用を緩和する効果があり、治療を進めながらも生活の質を保つために有効な働きをしています。

9. 不安・ストレス

CBDは不安やストレスにも効果的です。CBDはSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と似た順序で作用します。

セロトニンは脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。

CBDを摂取すると、神経細胞から放出された脳内のセロトニンが増加することで、不安感の軽減や気分の高揚につながります。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。