CBD基礎情報

【疑問解決💡】ヘンプオイル・ヘンプシードオイル・CBDオイル?それぞれ何が違うの?

ヘンプオイル?ヘンプシードオイル?CBDオイル?

ヘンプオイルとCBDオイルって何が違うの?

と思ったことのある人は多いんじゃないでしょうか?

また、ヘンプオイルとヘンプシードオイルも字面は同じですが、別物です。

ぞれの違いを研究し、理解しておく必要があります。

この記事では、その違いを明確にしていきたいと思います。

さらに、ヘンプオイルとCBDオイルの使用方法などについてもご紹介します。

1. CBDオイルとは?

CBDは、カンナビスサティバ(大麻)から抽出されます。
大麻植物の中で最も純度が高く、最も強力なCBDは、花と葉から得られます。 
CBDや他のカンナビノイドは、エタノールやCO2を使って大麻から抽出されます。大麻には、120種類以上のカンナビノイド化合物が存在します。

私たちは、体内のエンドカンナビノイドシステム(ECS)を介してカンナビノイドを自然に生成しています。ECSは、私たちが摂取したカンナビノイドを管理する役割も担っています。CBDオイルは、私たちのECSの健康をサポートするための天然由来のサプリメントとして機能します。

エンドカンナビノイドシステムの詳細については、こちらをご覧ください👇

2. CBDオイルの歴史

何千年もの間、世界中の人々は大麻を薬として、宗教的儀式やレクリエーションで使用してきました。

1986年の発見では、5,000年も前からこのような形で大麻を使用していたようです。CBDは最近注目を集めていますが、実際には何も新しいものではありません。

約75年前、ロジャーアダムス、アメリカの化学者とハーバード大学の卒業生が、最初にCBDを分離しました。アダムスの発見後、他の科学者たちも自分たちのために研究を始めました。ウォルター・S・ロエベ博士は、実験動物を使った最初のCBDテストを行いました。彼は研究を通して、CBDがTHCのような精神作用をラットにもたらさないことを発見しました。

2018年6月、FDAは、マリファナ由来の初の処方薬であるCBD由来の医薬品「エピディオレックス」の承認を発表しました。

3. CBDオイルの効果

CBDオイルの効果は様々ですが、代表的な例をいくつか紹介します。

  • 不安
  • うつ病
  • 痛みの緩和
  • 不眠症
  • スキンケア
  • 血圧

CBDの効果効能に関してより詳しく知りたい方はこちらをご覧ください👇

https://tokyo-mooon.com/cbd-info/effect-part1/
https://tokyo-mooon.com/cbd-info/effect-part2/

4. ヘンプオイルとCBDオイルの違い

ヘンプオイルとCBDオイルの大きな違いは、ヘンプオイルはヘンプという植物からしか抽出されないのに対し、

CBDオイルはヘンプやマリファナ、さらにはビールを作る際に使われるホップと全く同じように、他の植物からもある程度抽出することができます。

ヘンプオイルはCBDオイルだが、CBDオイルは必ずしもヘンプオイルとは限らない。

5. ヘンプオイルとは?

ヘンプオイルとは、その名の通り、ヘンプ植物から抽出されたオイルのことです。ヘンプオイルのエキスは、ヘンプ植物の花、葉、種子から抽出されます。ヘンプには、THCとCBDをはじめ、何十種類ものカンナビノイドが含まれていることを知って驚かれる方も多いと思います。

6. ヘンプオイルとヘンプシードオイルの違い

ヘンプシードオイルは、種の部分だけを利用して作られています。

ごま油やエキストラバージンオリーブオイルを抽出するのと同じように、種子を低温圧搾します。その結果、ビタミンが豊富に含まれており、様々な食品に利用されています。

しかし、ヘンプオイルにはどちらも含まれていません。

CBDオイルを購入しようとして、ヘンプシードオイルを購入しないように注意する必要があります。

7. ヘンプオイルの歴史

ヘンプの歴史は何世紀にもさかのぼり、紀元前8000年には中国と台湾で発見されています。

麻は最初の農作物の一つであったと考えられています。衣類や靴を作る織物として、また、ロープや紙、燃料などにも使われていました。日常の必需品だったのです。

ヘンプが北米に伝わったのは1606年。実際、植民地では栽培が義務付けられていました。アメリカの独立宣言の最初の草稿は、トーマス・ジェファーソンがヘンプで作った紙に書いたものです。

時が経ち、世界のヘンプに対する認識は変わります。ヘンプは1970年代に完全に禁止されました。

これは、ヘンプとマリファナが専門的にはどちらも大麻由来の品種なので、ヘンプとマリファナを同一視されたからです。アメリカ政府が大麻を取り締まるようになってからは、ヘンプの規制も厳しくなりました。

結果、ヘンプがスケジュール1の麻薬に分類されることになり、物議を醸しています。ヘンプの合法性は何十年にもわたって議論されてきましたが、トランプ大統領が2018年Farm Billに署名したことで、工業用ヘンプが合法化されました。

厳密には、「工業用ヘンプ」はTHCを0.3%未満含むものとして分類され、工業用ヘンプの農家はライセンスを取得し、作物の検査を受けなければなりません。

8. ヘンプオイルの効果

ヘンプオイルは様々な方法で利用でき、生活を豊かにしてくれます。

ヘンプオイルにはビタミンE、B、B1、B2が豊富に含まれています。

また、カリウム、マグネシウム、脂肪酸も含まれており、タンパク質や抗酸化物質も豊富に含まれています。

ヘンプオイルを見つけることができるもう一つの場所は、化粧品業界です。アンチエイジング効果があるとされているため、多くの製品に使用されています。ヘンプオイルに含まれる脂肪酸(オメガ3とオメガ6)は、乾癬、ニキビ、そしてある種のメラノーマを含む多くの皮膚疾患の治療薬として期待されています。

また、ヘンプオイルに含まれる脂肪酸は、新陳代謝をサポートする天然由来のサプリメントとしても機能します。ヘンプオイルは健康的なコレステロール値を維持するのに役立つのです。

9. ヘンプオイルとCBDオイルの使い方

CBDエディブル(グミなどの食品)は人気がありますが、効果を発揮するためにはまず消化器系を通過しなければならないため、オイルに比べるとそれほど効果的ではありません。

いくつかの科学的研究では、私たちの消化管は、約4〜20パーセントのバイオアベイラビリティを提供していることを示唆しています。

仮に100mgの食用食品を摂取したとしても、実際に血流に届くのは20mgで、バイオアベイラビリティは20%しかありません。

そのため、CBDをより早く、より多く吸収するためには、舌下摂取でCBDオイルを摂取するのが最適です。

10. ヘンプオイルとCBDオイルの違い

ヘンプオイルとCBDオイルは同じものなのでしょうか?
必ずしも同じではありません。

ヘンプオイルは、CBDが含まれていればCBDオイルとみなされます。しかし、CBDが含まれていればヘンプオイルとみなされるわけではありません。

ややこしいですが、製品の成分、安全性の記録、ヘンプがどこで栽培されているのか、ラボの結果などを確認せずに、購入を急ぐのはやめましょう。

私たちの自社商品であるtokyo mooonは、CBDオイルです。
こちらから商品詳細をご覧いただけます。

自分が購入しようとしているオイルがCBDオイルかどうか、判別できないとお悩みの方は、こちらのInstagramアカウントにDM頂ければ私たちが確認します。

お気軽にご連絡ください。

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。