CBD基礎情報

ヘンプとマリファナ

 大麻は分類学上はカンナビス・サティバという名称で、ヘンプとマリファナの2種類に分けることができます。今回はその違いについて解説します。

1. 大麻の基礎知識

大麻は90cmから4.5m程度まで高さに幅があり、複数の枝が茎の周りに生えています。葉や花など全体が微細な毛で覆われており、これをトリコームと呼びます。大切な成分はほとんどこの中に入っています。

トリコームの中には、フラボノイド、テルペン、フェノール化合物、そしてCBDを含むカンナビノイドなどの植物化学物質が含まれています。


フラボノイドは植物に美しい色、例えばブルーベリーの青、ラズベリーの赤などを与えますし、テルペンはバジル、ローズマリーなどの独特の香りを与えます。フェノール化合物には身体の抗酸化作用があります。

トリコームに含まれる化学物質の構成は、栽培場所(屋内・屋外・音質)、肥料、遺伝子、収穫方法、保存方法などによって大きく変化します。

2. 大麻の種類(ヘンプ・マリファナ )

繊維を作るための産業用大麻は「ヘンプ」と呼ばれ、植物化学物質を作るために医療・嗜好用大麻は「マリファナ」と呼ばれ、目的に応じてエネルギーを集中して育てられます。

大麻は大きく分けると「サティバ」「インディカ」という種類があります。

その中にも、インディカであればノーザンライツ、ホワイトクッシュ、サティバであればサワーディーゼル、シルバーヘイズなど様々な種類があり、含まれるカンナビノイドやテルペンの割合が異なります。

医療・嗜好用のマリファナとして、これまで様々な品種が作られてきました。

昨今CBDが注目されるようになって以降、産業用大麻(ヘンプ)は医療・嗜好用大麻(マリファナ)と比較すると、植物化学物質の含有量は少ない一方で、CBDの含有割合は多いということが明らかになりました。

そのため、衣料、食物、燃料などの用途で使われてきた産業用大麻(ヘンプ)から、CBDを抽出する動きが始まっています。

3. アントラージュ効果

BIG6と呼ばれる主要なカンナビノイドについてはこちらで説明しています。

植物化学物質には相乗効果があり、CBD以外の成分も一緒に摂取した方が、単独でCBDを摂取するよりも治療・健康増進効果が高いと言われており、これを「アントラージュ効果」と呼びます。

「アントラージュ効果」の観点からみると、CBDの割合が大きい産業用大麻(ヘンプ)よりも、CBD以外の物質も充実している医療・嗜好用大麻(マリファナ)の方がより高い効果を発揮すると言われています。

4. 大麻をめぐる法規制

アメリカの法規制を例として解説します。

マリファナ由来のCBDについては、州によって非合法・医療用途のみ合法・嗜好用途でも合法と、分かれています。また、2つの合法な州の間でも、州を跨ぐ輸送は禁じられています。

業用大麻(ヘンプ)については、Hemp_Farming_Act_of_2018という法案が制定され、THC含有量が0.3%未満の産業用大麻を規制物質法から除外し、栽培と商業利用を認めました。

法案を提出したミッチ・マコーネル上院議員は「ヘンプを合法化することで、産業を創出し、全国の農家や製造業者に新たなビジネス機会を与えるだろう」と述べました。

現在では、産業用大麻(ヘンプ)からCBDを含む商品の生産が始まり、日本を含む世界各国へ輸出されています。CBD関連の産業も拡大しています。

5. まとめ

大麻には産業用のヘンプと医療・嗜好用のマリファナという種類があり、栽培目的や含有成分、法規制が異なります。

薬理効果が高いのは医療・嗜好用のマリファナですが、アメリカでの規制緩和などによって商業栽培・販売になったことから、現在CBD業界が注目しているのは、産業用のヘンプから採れるCBDです。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。