CBD基礎情報

CBDと日本での法規制

CBDは大麻から取れる成分だけど「日本で使っても大丈夫なの?」と考えられる人もいると思います。今回は日本の法規制の現状とCBDの合法性について解説します。

1. 大麻成分への規制

日本では大麻は戦後から規制されてきており「芸能人の逮捕の報道」を日常的にTVで見る、また「ダメ・ゼッタイ」という公的機関のポスターなどを見て環境で育つ人が多いため、ドラッグ、依存症など、ほとんどの人がネガティブな印象を持つのではないかと思います。

大麻の中にも様々な成分がありますが代表的なものはTHCとCBDの2種類です。

よくドラッグとして認識されるのはTHCという精神作用のある成分で、それは日本で使用することが禁止されています。

CBDは医療的有効性の高い成分で、厚労省の許可を得ることで、日本で合法的に使用することができます。

これまでは、大麻というと嗜好目的でドラッグとして認識されることが多く、ハイになる「THC」が注目されていました。日本でも「THC」は、麻薬及び向精神薬取締法の規制に抵触します。

CBDも同じく大麻に含まれる成分ですが、2018年にWHO(世界保健機関)が「CBDは依存性薬物ではない」という見解を示しました。医療的有効性が非常に高く、身体への副作用が極めて低い成分であるため、その効果が、非常に世界でも注目されています。詳細は下記の記事触れています。

THCを取り除いた上で、日本でも医療機関での処方や健康商材としての流通が始まっています。

2. 大麻使用部位への規制

日本の法律では大麻の使用部位についても規制があります。大麻取締法を見てみましょう。条文には下記のような記載があります。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。

日本では大麻取締法に違反するのは、大麻の葉っぱなどを所持している場合で、茎や種などは法律には抵触せず、合法的に取り扱うことが可能です。

なぜこのようなややこしい法律があるかについては諸説ありますが、戦後、アメリカを中心とする連合国が自国の利益のため、化学繊維を日本に輸出したかったという背景が有力ではないかと思います。

麻は気候に関わらず育ちやすく、繊維としても優秀である中、栽培を禁じることで輸入に頼らざるを得なくさせる目的があったようです。

茎や種という部位の制約はありますが、普段の日常生活で麻製品に触れる機会はあります。

例えば、七味唐辛子などには麻の種が入っていますし、亜麻仁オイルなども麻の種から抽出される食用油です。また、神社のしめ縄なども麻からできています。

日本で流通しているCBD商品も、大麻の茎種から取れたのものということになります。

3. 大麻取扱者の規制

日本でも「THC」成分の含まれる商品を持っていると麻薬及び向精神薬取締法に抵触します。

大麻を栽培すると必然的に「THC」成分が含まれてしまうので、日本では許可無しに栽培することは違法になります。大麻取締法に下記のような記載があります。

第二条 この法律で「大麻取扱者」とは、大麻栽培者及び大麻研究者をいう。2 この法律で「大麻栽培者」とは、都道府県知事の免許を受けて、繊維若しくは種子を採取する目的で、大麻草を栽培する者をいう。
3 この法律で「大麻研究者」とは、都道府県知事の免許を受けて、大麻を研究する目的で大麻草を栽培し、又は大麻を使用する者をいう。

大麻(THC成分を含む場合)を所持して良いのは都道府県知事の許可を得た、栽培者及び研究者のみです。

法律的には新規で栽培や研究目的で許可申請を都道府県に出すことが可能です。

しかし、栽培する許可を持っている事業者は殆どいなく、新規で申請をしても許可が下りにくい実態のようです。

そのため、CBD製品で使われている原料については、100%輸入に頼っている現状です。

4. 大麻輸入への規制

CBDは日本へ合法的に輸入することが可能です。厚労省の地方厚生局 麻薬取締部が正式な手続き方法をこちらのHPで公開しています。

輸入する際は下記の3点を提出し、許可を得る必要があります。

  • 「大麻草の成熟した茎又は種子から抽出・製造された CBD 製品であること」を証明する文書
  • 輸入しようとする CBD 製品の検査結果が記載された分析書
  • CBD の原材料及び製造工程の写真

下記のような成分分析表(通称CoA:Certificate of Analysis)や製造工程証明書をCBDの加工工場からもらって提出することが必要です。

厚労省の許可を得た後は、税関検査があります。輸入商品の一部を検査機にかけて違法成分が混入していないかチェックをした後、問題が無ければ輸入することができます。

5. まとめ

日本では大麻の取り扱いは一部の栽培者や研究者に限られており、CBDは100%輸入品です。

下記の条件を満たすことで、CBD原料の輸入や販売が可能です。

  • 精神作用のある成分THCが含まれていない
  • 茎や種から抽出した成分を使用
  • 厚労省や税関の許可を得る

今回は日本の法規制の現状とCBDの合法性について解説しました。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。