CBD基礎情報

アメリカで話題沸騰!CBD小売店MedMenに行ってみた

1. MedMen訪問レポート!!

今回はアメリカで有名なMedMenについて解説します。

アメリカでは大麻関連の商品を取り扱っている小売店を「Dispensary Store」と言う呼び方をします。

MedMenはそのうちの1つで、大麻業界のApple Storeと呼ばれるほど、極めて綺麗な店内でアメリカでは多くの人が訪れています。

今回はロサンゼルスのベニスにあるアボット・キニー・ブールバードを訪問した際の体験談をふまえて解説していきます。

LAは快晴です。この通りには高級スーパーのERWHON MARKETやD2CブランドのWARBY PARKEREVERLANEなどがあったりします。

店舗の入り口では「来店は初めてですか?」と言われ、いきなりメールアドレスを聞かれます。パスポートを身分証明証として見せて21才以上だと入場できます。

店内に入ると専門スタッフ「Budtender(バッテンダー)」が商品について丁寧に説明してくれます。

大麻にも色々な種類があって、気分に応じてどの製品を買うべきかおすすめしてくれます。覚醒系のサティバと鎮静系のインディカ、両方が組み合わさったハイブリッドがあります。

CBDとTHCの比率によって感覚が変わるようでクリエイティビティ、リラックス、エナジーなど様々なコンセプトで商品を販売しています。

タッチパネル式で商品の詳しい解説があります。

店舗にはオイル、グミ、チョコレート、シガレット、サプリなど本当に様々な商品があり、ほとんどのCBD製品が揃います。

平日にも関わらず店内にはかなり多くの人が訪れています。

Medmenの店員はみんなこの赤い服を来て商品を販売しています。

試しにMedmenの帽子をかぶってみます笑

結局、ベイプやチョコレートを買いました。

2. 売上が爆増しているMedmen

アメリカの製品は成分がCBDのみではないので、より効果が高く、吸引すると5分も立たないうち感覚の変化を感じます。

こちらはStrainerから引用ですが、MedMenの売上を見てみると、2017年には263万ドル(約2.6億円)だった売上が2018年には3,978万ドル(約40億円)にまでに増えています。

出典:Strainer

営業利益で見るとまだ赤字ですが、このことから大麻産業の大きさが伺えます。Medmenはアメリカ全土に19ヶ所もの大麻の栽培施設を保有しているそうです。

MedMenは2010年に現在のCEOであるAdam Bierman氏によって創業され、現在はカナダにあるCanadian Stock Exchangeに株式を上場しています。

3. 今回の訪問場所

今回の訪問先はこちらです。気になった方はぜひ行ってみてください!

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。