CBD基礎情報

テルペンとは何か?

1. テルペンとは?

CBDについて学ぶと、普段あまり目にしない専門用語にたくさん出くわします。

テルペンもその一つです。よく目にするけど、一体テルペンって何なん?という疑問に回答していきます。

テルペンとは、簡単に言えば、大麻に見られる天然化合物です。
テルペンは、大麻の香りの原因となり、大麻の治癒力を高めると考えられています。

ラベンダーのエッセンシャルオイルは、リラックスしたり、虫刺されのかゆみを止めたりするのに役立ちます。
ペパーミントオイルは頭痛を和らげてくれますし、レモンは自然な掃除に最適です。

テルペンも似たようなもので、実際にはエッセンシャルオイルに含まれています。テルペンは、気分を高揚させたり、リラックスさせたり、癒しの効果があるとされています。

驚くべきことに、大麻内には200以上の異なるテルペンがあり、個々のテルペンは、独自のユニークな効果があります。

テルペンの薬効はまだまだ研究途上ですが、最近の研究では、テルペンがCBDや他のカンナビノイドと相乗効果を発揮して、大麻製品の価値を高めることがわかってきました。

テルペンの最も重要な価値は、血流へのカンナビノイドの吸収を迅速化するのに役立つということです。

時々テルペノイドという用語を目にするかもしれませんが、厳密にはテルペンとは異なります。

テルペンは水素と炭素が自然に結合したものであり、テルペノイドは酸化によって変化したテルペンです。

最後に、一般的なCBD製品に含まれているいくつかのテルペンについて紹介していきます。

2. テルペンの種類

2-1. α-ピネン

大麻に含まれる一般的で豊富なテルペンです。松とモミの香りがします。
針葉樹、バルサム樹脂、松材、柑橘類にも多く含まれます。
注意力や記憶保持を向上し、不安や痛みを軽減します。

2-2. β-カリオフィレン

大麻に含まれる一般的で豊富なテルペンです。エンドカンナビノイド系のCB2受容体を直接活性化する唯一の非カンナビノイドです。

ペッパーのような、木のような、スパイシーな香りがします。クローブ、ホップ、ローズマリーにも含まれています。

抗慢性疼痛、抗酸化、抗炎症、抗壊死作用があります。

2-3. α-フムレン

一般的なテルペンです。ホップと大麻の両方に含まれており、ビールの味と香りを与えることに起因しています。

土のような、木のような、スパイシーな香りがします。ホップ、大麻のサティバ系統、ベトナムのコリアンダーも含まれています。

抗炎症作用、抗菌作用、食欲抑制作用があります。

2-4. d-リモネン

大麻に含まれる一般的で豊富なテルペンです。フルーティーで柑橘系の香りがします。

多くの一般的な果物や果物の皮に含まれます。抗不安、抑うつ、痛みの緩和、炎症の緩和、気分の高揚ができます。

一般的に副作用を生じることは知られていませんが、カンナビノイドの経験は人それぞれです。

テルペンをウェルネスルーティンに取り入れる前には、かかりつけの医療機関に相談しましょう。 

2-5. α-ビサボロール

スキンケアに使用されることが多いが、主要なテルペンとは考えられていません。

ほのかに甘い、フローラルな香りがします。カモミールにも含まれています。

抗炎症、鎮静作用、抗菌作用がある他、リラックス効果もあり、うつ病、不安、不眠症に悩む人に幸福感を与えると言われています。

2-6. グアイオール

主要なテルペンとは考えられていませんが、自然療法で広く使用されています。

松のような香り、木とバラの香りがします。檜の松の木、常緑樹のガイアカムの木にも含まれています。

抗酸化作用、抗菌作用、抗炎症作用が期待できます。

2-7. β-ミルセン

このテルペンは、THCと自然な相乗効果があると言われています。CB1受容体の最大飽和レベルを増加させます。

麝香(じゃっこう)、土っぽい、ハーブやクローブに似た香りがします。マンゴー、ホップ、月桂樹の葉、タイム、レモングラス、バジルにも含まれます。

抗炎症、鎮痛剤、抗生物質、鎮静剤、抗変異原性物質を有します。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。