CBD基礎情報

【知らないとまずい】CBDを理解する上で不可欠な神経科学基礎論

1. 神経系とは何か?

体は多くの異なるシステムで構成されており、それらが連携して体の機能を果たしています。

血液を全身に送り出す循環器系、呼吸した空気から酸素を取り込む呼吸器系、食物を分解して体に栄養を与える消化器系などがあります。

しかし、これらのシステムはどれもコミュニケーション手段なしでは正しく機能することはできません。

そこで神経系の出番です。
例えば、体内の血圧が低下した場合、心臓はそれを知る必要があります。私たちの体は、現在の状況に対応するために、高速でリアルタイムのメッセージを送信するために神経系を使用しています。

これが神経系が進化した基本的な理由です。

神経系とは基本的にはコミュニケーションシステムであり、それが迅速かつ直接的に体全体でメッセージを送受信できるように設計されています。神経系は、感覚(視覚、嗅覚、味覚、バランス、聴覚の情報)と運動の情報を伝達します。脳は一見複雑な構造をしていますが、これらの活動を体内で処理し、整理する統合センターとして機能しているのです。

2. どのように神経系は働くのか?

ニューロンは、メッセージの送り手と受け手として機能する指のような突起を持つ神経系の特殊な細胞です。

シナプスと呼ばれるニューロン間の小さな空間には、軸索(メッセージ送信者)が化学的なメッセンジャーを放出し、このメッセージは、その空間の反対側にあるニューロンの樹状突起(メッセージ受信者)によって受信されます。

あるシナプスでは、多くのニューロンが一度に1つのニューロンにメッセージを送信している場合があります。

各メッセージは、興奮性信号または抑制性信号に分類することができます。

メッセージを受信したニューロンは、興奮性のメッセージと抑制性のメッセージの バランスがある閾値を超えると、信号を発射します。

3. 神経伝達物質とは何か?

メッセージは、神経伝達物質として知られている化学的なメッセンジャーの形で送られてきます。

一般的な神経伝達物質には、ドーパミン、セロトニン、グルタミン酸、GABA、ノルエピネフリンなどがあります。2-AGおよびアナンダミドを含む内因性カンナビノイドも重要な神経伝達物質です。

神経細胞は、樹状突起上に受容体と呼ばれる特殊なメッセージ受信タンパク質を持っています。神経伝達物質は、その化学構造が受容体に相補的に適合するため、受容体に結合します。神経伝達物質が受容体に結合すると、さまざまな効果をもたらします。

最も基本的な効果は、先に説明したように、ニューロンを興奮させる効果と抑制する効果です。

例えば、2つのニューロンが通信しているとします。

最初のニューロンはシナプスに興奮性の神経伝達物質を放出します。これらはニューロンの受容体に結合します。一度に十分な数の神経伝達物質が結合すると、ニューロンは発火するのに十分な強さの「はい」という信号を受け取ることになります。ニューロンが発火すると、接続している他のニューロンにその信号を伝えることができます。

身体は、このようにニューロンからニューロンへの単純なメッセージの伝達によってコミュニケーションを行っています。信号は最終的に体の器官に送られ、そこで効果を発揮します。

4. アゴニストとアンタゴニスト

薬の中には、ある種の受容体の活性を増減させることで、神経系に作用するものがあります。

摂取すると、これらの薬物は血流を通って神経系に移動し、体内の神経伝達物質と競合して、受容体を活性化、もしくは、ブロックします。

これは、影響を受けたニューロンのシグナル伝達活動に劇的な影響を与える可能性があります。

アゴニストは、受容体を活性化する化合物です。

神経伝達物質が受容体を活性化するのと同じように、アゴニストは受容体を活性化するので、あたかも神経伝達物質が存在するかのように作用します。

同様に、アンタゴニストは、受容体をブロックする化合物です。

アンタゴニストが存在すると、神経伝達物質が受容体を活性化するのが難しくなり、同じ効果を得るためには、より多くのアンタゴニストが必要になります。

場合によっては、アンタゴニストが神経伝達物質の効果を完全にブロックします。

5. カンナビノイドと神経伝達物質との関係

内因性カンナビノイド系は神経系の一部であり、神経伝達物質とそれに反応する受容体で構成されています。

その機能には、免疫系、食欲、疼痛に対する調節作用、睡眠、気分、代謝、心血管機能の調節における小役が含まれます。

内因性カンナビノイド系には2つのカンナビノイド受容体があります。CB1とCB2です。

これらは通常、内因性カンナビノイド神経伝達物質であるアナンダミドと2-AGによって活性化されますが、カンナビス(大麻)に含まれるカンナビノイドはこれらの受容体にも作用します。

人がカンナビスを摂取すると、多くの異なるカンナビノイドが体内に入り、カンナビノイド受容体に作用します。

THCはCB1受容体とCB2受容体の部分アゴニストであり、これはつまりTHCはCB1受容体とCB2受容体を活性化することを意味します。

THCは、十分な量を摂取すると、自然に活性化されるよりも多くの受容体を活性化させ、精神作用をもたらします。

一方、CBDは、CB1とCB2の受容体に対して非常に軽度の拮抗作用を持ち、それらの受容体が活性化されるのをブロックします。

このため、CBDにはTHCを和らげる、または柔らかくする効果があると考える人もいます。

しかし、CBDの主な効果はFAAHを阻害することです。

FAAHは通常、脳内で天然に存在するカンナビノイドであるアナンダミドを分解する酵素です。

CBDの存在下では、この酵素がアナンダミドを分解できないため、シナプス内には受容体を活性化するためのアナンダミドがより多く存在することになります。

CBDの主な効果は、「体内のカンナビノイドであるアナンダミドの濃度を維持すること」です。

6. 結論

神経系は、体が瞬時にメッセージを送受信するための方法として進化してきました。

ニューロンには軸索(送信側)と樹状突起(受信側)があり、メッセージはシナプスと呼ばれるニューロン間の小さな隙間を通って伝達されます。

様々なニューロンから送られてくるメッセージは、受信側のニューロンに発射するかどうかを伝えたり、メッセージを伝えたりするなど、様々な効果をもたらします。

カンナビスに関しては、CB1とCB2受容体は、通常、内因性カンナビノイド神経伝達物質であるアナンダミドと2-AGによって活性化されます。

これらの受容体は、THCやCBDを含むカンナビスに含まれるカンナビノイドにも反応します。

神経系の基本的な理解は、カンナビスの効果に興味のある人が、カンナビスが身体や心に与える魅力的な効果をよりよく理解するのに役立つでしょう。

科学的にもCBDがいかに効果的か、お分かり頂けたと思います。

CBD関連のビジネスをお考えの方は、以下記事をお読み頂けると幸いです。

弊社では、CBD関連の食品製造、CBD原料及び既製品の卸しなどのサポートが可能です。

ご連絡お待ちしております。

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。