CBDビジネス

2021年以降のカンナビス業界を変える水溶性CBDとは何か?

最近のカンナビス(大麻)の世界は、昔とは大きく異なります。CBDを例に挙げてみましょう。

10年前には、向精神作用のないカンナビノイド、CBDの存在を知る人はほとんどいませんでしたが、今では2020年までに220億ドルの市場規模になると予測されています。

CBDの摂取方法も、カンナビノイド業界と同様に急速に進化しています。

かつてはティンクチャー(オイル)が主流だったCBDですが、現在では、これまで以上に多くの方法でCBDを摂取できるようになっています。

エディブル(食品)は人気のあるオプションの一つで、CBD入りのドリンクの選択肢は日々増えています。

専門家は、CBD飲料市場だけで2022年までに約2億6000万ドルの市場規模になる可能性があり、水溶性CBDへの関心が高まっています。

水溶性CBDについて知っておくべきことや、どのようなメリットがあるのかをご紹介します。

水溶性のCBD、カンナビノイドは、カンナビス業界を大きく変える可能性を秘めています。その理由を見てみましょう。

1. 水溶性CBDって何?

至極当たり前ですが、油と水は混ざり合いません。
CBDオイルも例外ではなく、そのような背景から水溶性のCBDが開発されました。

CBDオイルは、非常に速く、また、効果的に作用するため、人気があります。舌の下にCBDオイルを1~3分置くだけで、口の中の粘膜に吸収され、血流に乗っていきます。CBDオイルを飲み込むのではなく、舌下から摂取することで、消化管や肝臓を通過せずに血流に乗り、魔法のように作用するため、最も早く効果を発揮します。

油と水は混ざり合うものではありません。

私たちの体は約60%が水で構成されています。だから、最も一般的なCBDの投与方法(オイル、カプセル、エディブル、ドリンク)では、バイオアベイラビリティに大きな違いが生じます。

バイオアベイラビリティは次のように定義されています。「物質が生体内に吸収される度合い、体内での相互作用が発生する速度 」と定義されています。 

研究によると、経口摂取(CBD入りのドリンクやエディーブルなど)の場合、CBDのバイオアベイラビリティはわずか4%に過ぎないことがわかっています。 

また、CBDの経口摂取は、他の方法に比べて効果を実感するまでに時間がかかることが知られています。

バイオアベイラビリティが低いため、水溶性CBDが開発されたのです。

体内の60%が水分であることを考えれば、水との相性が良いCBD製品を開発することは理にかなっています。

2. どのように水溶性CBDを作るのか?

水溶性CBDは、ナノテクノロジーと呼ばれるプロセスを用いて作られています。

簡単に言うと、ナノテクノロジーは音波を使ってCBDクラスターをマイクロサイズの粒子に分解します。この粒子は100ナノメートルよりも小さいものです。

ナノメートルとはどのくらいの大きさなのでしょうか?

それは10億分の1メートル、つまり100万分の1ミリメートルで、木の鉛筆の芯の直径とちょうど同じくらいの大きさです。

これらの小さな粒子に分解されたCBDは水分子に溶解し、シームレスにブレンドできるレベルに十分に小さいので、水と互換性のある製品になります。

3. 水溶性CBDの利点は何か?

CBDは疎水性化合物として知られています。油と水は混ざりません。

水とよく混ざる化合物は親水性物質として知られていますが、CBDが体内に吸収される際に重要な役割を果たすことがわかってきています。

水溶性CBDは、単に他の摂取方法よりも効率的なのです。

この効率性は、より多くのCBDがシステムに入ることを意味するだけでなく、それはまた、消費者全体のためのより手頃な価格にすることができます。

あなたの体がより多くのCBDを吸収している場合、望ましい効果を得るためには、より少ない量を摂取する必要があります。

水溶性CBDはいくつかの理由で有益です。これらのいくつかが含まれています。

  • 市場に出回っている他のCBD製品よりもバイオアベイラビリティーが高い
  • 市場でCBD入り飲料の増加
  • 市場でCBD入りエディブルの増加
  • 消費者が使用ごとに一貫した用量を測定できる
  • 外出先でCBDを摂取したり、お手持ちの飲料に加えたりと、利便性が向上
  • 飲み物や食品に添加することでより幅広い商品が生み出される

4. 水溶性CBD原料の見極めポイント

水溶性CBDを製造している企業はどのような企業なのか、また、この画期的な新原料であるCBDについてどのように言及しているのでしょうか?

水溶性CBDを製造しているのは、■■■です。

■■■の農場で有機栽培を行っており、すべての製品は第三者機関による品質検査を受けています。

良質な水溶性CBDの特徴は何でしょうか?それは、油性の乳化剤を使用していないことです。

レシチンやポリソルベートなどの界面活性剤や乳化剤、ミセルやリン脂質を含むリポソームを使用している企業が多いですが、質の高い水溶性CBDではそれらの乳化剤を使用していないのです。

5. 水溶性CBDはカンナビス市場全体を大きく変えうるか?

水溶性CBDは、カンナビス市場を完全に変える可能性があると推測しています。

水溶性CBDの製品はまだまだ市場に出回っていません。

しかし、水溶性CBDを製造するメーカーの中には、この製品がカンナビス業界で大きな話題になる可能性があると見ている人もいます。

特に、私は、カンナビスはアルコールをリプレイスすると信じています。
カンナビスでそれを行い、二日酔いやひどい健康被害がなければ…アルコールの代わりになるのは自然なことです。

現在世界で購入できるカンナビス飲料のほとんどは、水と油が混ざらず、分離しています。

飲み物を振ったり、結晶形のものを使用しなければならないので、ウォッカや冷えたビールのような最高の飲料体験はまだ実現できません。わざわざシェイクしなければならない飲料というのは、品質の高い水溶性CBDを使用していないということです。

かつてグルテンフリーの食品の開発は困難を極めたというます。

カンナビス業界も同じです。時間とお金を投資し、既存の技術を取り巻く多くの根本的な問題に対処できる技術を磨き込むことで、飲料の品質は向上するでしょう。

ワイン、ウォッカ、テキーラなどの既存のアルコール飲料のカテゴリーとは一線を画すユニークなカンナビス飲料が生まれてくると思います。テキーラがウォッカとは違うように、独自のカテゴリーが生まれるでしょう。

6. まとめ

水溶性CBDは、カンナビス市場に大きな影響を与えるでしょうか。間違いないです。

利便性が向上し、より少ないCBDでより迅速な効果実感を可能にする水溶性のオプションは、他の摂取方法と同じように、いやいやそれ以上に人気になるのではないでしょうか?

水溶性CBDがカンナビスの消費者に受け入れられるのは時間の問題でしょう。

弊社では、水溶性CBDをはじめとするカンナビノイド全般の原料の卸売りなどカンナビス、カンナビノイドを用いた食品ビジネス全般のサポートをしております。

ご興味がある方は、以下よりご連絡頂けると幸いです。それでは、次回記事もお楽しみに🌙

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。