CBD基礎情報

【初級レベル】これだけは知っておきたいCBDについて

1. CBDとは

CBDとは、カンナビジオール(Cannabidiol)の略で、大麻草に含まれる成分(化合物)のうちの一つです。近年、CBDの研究が進み、幅広い身体への薬理効果が注目され始めています。

医療ではてんかんや発作への効果が認められ、医療大麻を解禁する国も増えてきています。

健康増進の目的では、不眠解消、不安やストレスの解消、筋肉や関節の炎症緩和などで利用されています。

CBDは日本でも合法で使用が認められており、オイル、グミ、ベイプ、バームなど様々なジャンルの商品が注目を集めています。

「大麻 = マリファナ」というイメージを持っている人は、違法薬物と疑う人がいるかもしれません。しかしそれは、THC(テトラヒドロカンナビノール)という多幸感や精神作用をもたらす成分の影響です。

日本では大麻取締法や麻薬及び向精神薬取締法でTHC成分を含む商品の使用が違法であり、THCが完全に除去された商品のみが輸入・流通しているため、違法薬物を摂取するという心配はありません。

2. CBDで期待できる効果

CBDの人気が高まった理由は、様々な身体の疾患に効果を発揮する上、精神作用が無いという点です。

「ハイになる」ような精神作用が無いからこそ、医療など幅広い分野で使うことができるわけです。

以下のような症状に効果があります。

  • 吐き気・嘔吐
  • けいれんや発作
  • 精神疾患
  • 炎症性疾患
  • 神経変性疾患
  • 腫瘍・癌細胞
  • 不安・うつ

健康増進を目的とする場合は、大きく分けて、以下の3つを覚えておくと良いです。

3. CBDはどう作用するのか

CBDは身体にあるカンナビノイド受容体(Cannabinoid receptors)を通じて身体に届きます。

CB1 Receptor(中枢神経系の神経細胞にある受容体)とCB2 Receptor(免疫系の神経細胞にある受容体)の2種類があります。

CBDが血流から脳のCB1に到達すると、人間が生活していく上で欠かせない、生態系の恒常性(バランス)を保つ重要な役割を担っている、下記のような中枢神経系にカンナビノイド受容体に作用します。

  • 海馬   :学習、記憶にまつわるストレス
  • 視床下部 :食欲
  • 小脳   :運動協調性
  • 辺縁系  :不安
  • 大脳皮質 :痛み、高次の認知機能
  • 側坐核  :報酬と依存
  • 脳幹神経節:睡眠と運動
  • 髄質   :悪心、嘔吐

体内の神経細胞(ニューロン)は、身体を動かす際に細胞間で情報伝達を行う役割を果たしています。

CBDの作用によって、脳・筋肉・臓器の状態を調整する神経伝達物質(アドレナリン、ドーパミン、GABA、アセチルコリン等)の放出が抑制されることで効果を発揮します。

4. CBD商品と摂取効率

CBDが含まれた商品は、オイル、カプセル、グミ、バーム、ベイプなどいくつか種類があります。

それは摂取方法によって「Bioavailability」、成分が血液を通して全身循環へ到達する割合が異なります。

  • サプリやグミ(胃摂取)6-15%
  • オイル(舌下摂取)20-35%
  • ベイプ(肺摂取)30-40%
  • バーム(皮膚摂取)0%

CBDは血流に入り、脳へ到達するため、身体感覚の変化を感じられます。

皮膚で摂取するバームのみ、血流に入らないため感覚の変化はありませんが、皮膚の神経に局所的に効き、関節痛や筋肉痛を解消すると言われています。

5. CBDの安全性

WHOが2017年に発行した報告書では、CBDは公衆衛生上の問題や乱用の危険性が無いこと、幅広い容量で摂取できることが確認されています。以下が無いため安全性の高い成分であると言えます。

  • 耐性:繰り返し使用することで効果を感じにくくなる性質
  • 依存性:身体的欲求が湧き、止められない状態になる性質

CBDは「二相性」といい、低用量では覚醒作用、高用量では鎮静作用や誘眠効果があると報告されており、適切な容量は人によって異なります。服用をして以下の症状が現れた事例もあります。

  • 下痢
  • 疲労感
  • 食欲と体重の変化

てんかんや統合失調症の治療など医療目的では、1日あたり600mgを継続的に摂取するなど高容量で使用します。

健康目的では摂取量が少なく、食品では1回で10-25mgの摂取が一般的なので、副作用は殆ど無いとされています。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。