CBD基礎情報

【中級レベル】グローバルで大注目のCBDを徹底解説

1. CBDとは?簡潔に言うと?

CBDとは、麻から抽出される成分で、カンナビジオールと学術的には呼ばれています。
麻と聞くと、ドラッグ?危険?合法なの?と思われるかもしれませんが、CBDは合法で、安全な、近年諸外国で注目されている健康成分の一つです。

CBDが含まれた商品は色々な種類があります。

ティンクチャーと呼ばれる口から摂取する食用オイルタイプだったり、いわゆるサプリによく見られる錠剤タイプ、
それだけでなく、肺から摂取するタイプのベイプタイプ、グミ、ブラウニー、肌に塗る化粧品タイプまであります。

CBDの盛り上がりはその市場規模の大きさや成長スピードにも現れています。
アメリカのCBD市場は前年2018年比562%増の4500億円程の市場規模(2019年)までに至ります。
2025年までにアメリカのCBD市場は3兆円規模に達すると予測されています。

とにかく大注目のCBDですが、CBDの基礎知識として以下について覚えておくと良いでしょう。

  • CBDは麻(大麻)から抽出される成分、正式にはカンナビジオールと呼ばれる
  • 大麻草とヘンプに含まれる活性化合物を「カンナビノイド」と言い、CBDはその「カンナビノイド」の一種
  • 人間の身体には、カンナビノイドを利用する臓器や器官があり、そのような体内のシステムをエンド・カンナビノイド・システム(ECS)と言う

2. CBDが抽出できる麻とは?

麻には様々な呼称があります。
麻、大麻、ヘンプ、マリファナ、ウィードなどなど。

これらは、どれも大雑把にいうと、カンナビス・サティバというアサ科アサ属の植物のことを指します。
どれも同じ植物について指しますが、人類は麻の用途によって、品種改良を繰り返してきました。
その結果、現在では、大きく2種類の麻が存在するのです。

1つは、大麻草。こちらはマリファナやウィードなどとも呼ばれます。
もう1つは、ヘンプ。こちらは大麻草が、医療用途なのに対し、産業用途で育てられています。

ヘンプは驚くほど、用途の広い植物です。

  • ヘンプクリート(建築物の断熱材)
  • プラスティック
  • 衣料
  • 超伝導体としてエネルギーを貯蔵
  • バイオ燃料
  • 食物

CBDは、大麻草、ヘンプ、どちらからも抽出できます。

CBDはこれらの植物の表皮を覆う微細な毛から抽出します。
この毛のことをトリコーム(樹脂)と呼びます。

3. インディカ種、サティバ種とは?

植物としての麻の学術名は、先程も出てきたようにカンナビス・サティバ・アサ科アサ属と言います。
ここに出てくるサティバですが、CBDの商品購入時に時折目にします。
なので、少し詳しく説明しようと思います。

サティバとは、麻の品種の一つで、他によく出てくるのがインディカという品種です。

サティバ種とインディカ種には次のイラストのような違いがあります。

昨今では、サティバ、インディカという分類が無意味になってきています。
市販の製品で使用されている麻はインディカとサティバが交配されたハイブリッド種のことが多いです。

品種改良が頻繁に行われた結果、純粋なサティバ種、インディカ種の大麻はあまり存在していません。
結果、大麻草やヘンプの品種を固有のケモバー(化学変種)によって分類する試みがなされています。

以上より、サティバだから日中利用、インディカだから夜利用などという認識をする必要は実はあまりありません。
それよりもケモバーや含有されているカンナビノイドやテルペンの種類、配合比率などに注意して、自分に合った商品を選ぶと良いでしょう。

4. カンナビノイドとは?

CBDはカンナビノイドの一種という説明をしましたが、カンナビノイドとはなにか説明していきます。

カンナビノイドは次のイラストの通り、3つに分類されます。

植物性カンナビノイド、内因性カンナビノイド(エンドカンナビノイド)、合成カンナビノイドの3つです。

CBDは厳密に言うと、植物性カンナビノイドの一種です。
カンナビノイドは、炭素数21の化合物で、104種類あります。
その中で、よく知られているのは、THC(テトラ・ヒドロ・カンナビノール)とCBD(カンナビジオール)です。

THC及びCBDは、1960年代にイスラエルの化学者メクラム氏によって発見されました。

5. エンド・カンナビノイド・システム(ECS、内因性カンナビノイドシステム)とは?

人間の身体にはもともと、麻の成分を活用する生物学的なシステムが備わっています。
そのシステムが、エンド・カンナビノイド・システム(ECS)と呼ばれ、ホメオスタシス(身体の恒常性)の維持の役割を果たします。

このシステムは、ニューロン(神経伝達物質)、神経経路、受容体(レセプター)、細胞、分子、酵素が関わり合った複雑なシステムです。
また、ホメオスタシスとは、体外の環境変化に対して、体内環境を一定に保たれていることを意味します。

例えば、外部から肉体的、精神的なストレスを受けたときに、体内のバランスを保ったり、肉体的、精神的な快感を維持する役割をECSは果たしているのです。

ECSによってどのようにホメオスタシスを維持しているのか?
ECSのもつ、逆行性シグナル伝達が一つのキーです。
免疫系のシステムを例に説明します。
免疫力が強すぎると、自己免疫疾患を発症します。
ウイルスや細菌に対して免疫システムは反応し、その後身体は熱を持ちます。この熱を冷ます仕組みがECSのもつ逆行性シグナル伝達です。
逆行性シグナル伝達には、神経伝達物質の分泌が速すぎるときに、それを減速させる負のフィードバック機構としての働きがあります。

よく勘違いされるのですが、CBD(植物性カンナビノイド)は、CB1受容体とCB2受容体というカンナビノイド受容体に間接的に作用します。直接は作用しません。
エンド・カンナビノイド・システムと呼ばれている通り、身体のホメオスタシスの維持に直接関与しているのはエンドカンナビノイド(内因性カンナビノイド)です。

CBDは、主要な酵素が内因性カンナビノイドであるアナンダミドを分解するのを阻害するので、事実上、再取り込み阻害薬、分解酵素阻害薬の働きをするのです。

6. おわりに

今回は、CBDについてのベーシックな知識の解説を行いました。
今流行りのCBDですが、一過性のトレンドとして終わることなく、正しくCBDが理解され、よりCBDが普及するよう今後もCBDについての解説を行っていきます。

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。