商品レビュー

【辛口レビュー🔥】独自の精製技術を持つCannaTechの魅力を徹底解説!

1. はじめに

こんにちは!

CBDには様々な精製方法がありますよね。それによってアイソレート、ブロードスペクトラム、フルスペクトラムなどに商品が分類されており、この3つの分け方が一般的です。

しかし、今回ご紹介するのは、特許出願中の「最新精製技術」によりTHCを完全除去した製品を販売するCannaTechというCBDブランドです。

ちなみに、CannaTechの読み方は、カンナテックでもカナテックでもなく、キャナテックなのでご注意を。

他のブロードスペクトラムとどう違うのかなどにも注目しつつ、レビューを見ていってください!

2. 商品ラインナップ

CannaTechが販売している商品は、

  • グミ
  • オイル
  • ベイプ
  • ワックス

となっています。特に、上位3つが人気の商品になっているので今回はその3つを扱いたいと思います。

CannaTechの何よりの特長は、先程も述べたCBDの抽出&精製技術にあります。簡単にその違いを説明するとするならば、「THCを選択的に除去しつつ、多くテルペン残す技術」をCannaTechが持っているのです。

「どういうこと?もう少し詳しく」という方も多いと思いますので従来のブロードスペクトラム技術と比較しますね。

 ■従来の技術

  • 高温蒸留抽出
  • 有用成分が失われやすい
  • 不純物が残りやすい
  • THCを完全に除去できない
  • 製造過程でCBD以外のカンナビノイドが微量に、テルペンがほぼ消滅してしまう

 ■CannaTech製品採用最新技術

  • 液体クロマトグラフィー抽出
  • 有用成分がそのまま残る
  • 不純物が残りにくい
  • THCを選択的に除去
  • CBD以外のカンナビノイドとテルペンが豊富なので、アントラージュ効果が期待できる
  • 不純物が少なく苦味が少ない

といった感じになります。

THCを徹底的に除去しつつ、テルペンも多く残ることで安心してアントラージュ効果を期待できます。

その他の、CannaTechの特徴としては、安全性が高いこと。CannaTech製品は、日本の法律に遵守し許可を得て正式に販売されており、

  • 厚生労働省への確認許可
  • 検疫所への食品等輸入届書などの提出
  • 税関への製品分析証明書、安全性データシート、製造工程表、食品等輸入届出書、宣誓書などの提出や製品検査

を行っているので安心してご購入できます。

それでは、CannaTechのすごさが分かったところで、具体的にグミ・オイル・ベイプを見ていきましょう!

2-1. グミ

カラフルでかわいい印象を受けますね。グミには3種類それぞれ青りんご味・パイナップル味・グレープ味です。

品質や安全性にこだわってつくられており、ヘンプはアメリカ産のオーガニックヘンプを使用。安全性に関しては残留農薬のテストクリア、重金属のテストクリア、国内自社工場で徹底した品質管理のもと製造されているなど徹底されています。

気になる味とCBD含有量ですが、味は食べやすく美味しいという声が多いです。しかも1粒CBDが25mg配合と高濃度な点もいいところです。トラブルケアの場合に必要な1日のCBD摂取量が20mg~40mgとも言われているので、丁度いい量が含まれてます。

先程も述べた通り、テルペンが豊富に含まれているのでアントラージュ効果が期待できるので単に25mgのCBDを取る以上に効果を実感できると思います。具体的なテルペンとしては、ひらめきに影響すると言われるピネン、安らぎに影響すると言われるカリオフィレン、くつろぎに影響すると言われるリモネン、リフレッシュに影響すると言われるカンフェンなど。その他にも15種類以上のテルペンが確認されているほど。

さて、グミの値段と量ですが、一粒25mgのグミが1ケース60粒入っているので全体としては1500mgのCBD含有量。それが定価8,800円です。mg単価でいうと5.9円なのでトップクラスにコスパがいいのがわかります。

他社のCBDグミ(HempBaby、CBDFX)と比較してみると

コスパの面ではCannaTechのグミ、値段は少し上がっても一粒ごとの効果を考えるならCBNも豊富なHempBaby、オーガニックかつ効果実感の観点を考慮するならCBDFXをおすすめします。

HempBaby、CBDFXのグミについて詳しく知りたい方は以下の記事もチェックしてみてください。

2-2. オイル

CannaTechのブロードスペクトラムオイルには大きく分けて2種類あります!

その2つとは、

  • ①一般的なブロードスペクトラムオイル
  • ②CBG配合ブロードスペクトラムオイル

です。それではまずは①のブロードスペクトラムオイルからみていきます。

2-2-1. 高濃度ブロードスペクトラムオイル

こちらもグミと多くの点でこだわりが似ていますのでそちらからご紹介します。

  • 特許出願中の液体クロマトグラフィー抽出によってTHC分子を徹底除去
  • アメリカ産オーガニックヘンプ使用
  • 残留農薬・重金属テストクリア
  • 国内自社工場での徹底した品質管理
  • テルペンが豊富なのでアントラージュ効果によりCBDとの相乗効果を実感できる

また、CannatechのCBDオイルのこだわりとしてMCTオイルを使用しています。

MCTオイルとは、ココナッツやパームに含まれる中鎖脂肪酸だけを取り出したオイルのことで、オリーブオイルやバターなどに含まれる長鎖脂肪酸と比較すると分子量が半分ほどなので、消化・吸収スピードが早いことが特徴。しかも素早くエネルギー源として使われるので、体内に脂肪として蓄積されづらく、ダイエット中の方などにおすすめのオイルです。CannaTechは吸収率が高いとされる良質な脂肪酸「カプリル酸」を多く含有したMCTオイルを厳選するなど、健康を徹底的にサポートしています。

味については、初心者でも摂取しやすい味になっています。それは、従来のCBDのオイルの麻の苦味・雑味を改善するため。抽出方法にこだわった原料を選んだからだそう。麻独特の味に苦手意識がある方にもおすすめできる商品です。

一般的なブロードスペクトラムオイルは全部で4種類あり、容量が10ml/30mlそれぞれ2種類あり、10mlボトルはCBD500mg・1000mg、30mlボトルはCBD300mg・1000mgに分かれています。ちなみに、最もmg単価が低いオイルは30mlボトルでCBD300mg・価格2,980円のオイルでmg単価が9.9円です。

ここで、弊社おすすめのorganiCBDのブロードスペクトラムオイルと比較すると、MCTオイル・オーガニック・ブロードスペクトラムなどで共通点が多い一方、organiCBDの方がコスパが濃度も高くコスパもいいです。CannaTechの方は特許出願中の抽出方法によって残ったテルペンがどこまでアントラージュ効果が生まれるかが肝になってきますが、organiCBDもブロードスペクトラムでテルペンが多いことでも知られるので全体的に見てやはりorganiCBDのブロードスペクトラムオイルがおすすめです。

2-2-2. CBG配合ブロードスペクトラムオイル(RichFlavor)

さて、あまり耳にすることのないCBG入りのブロードスペクトラムオイルの紹介です!

CBGって何?って方は以下の記事をチェックしてみてください。

簡単に言うと、CBGはカンナビノイドの母とも言われており、CBDやCBCなどの前駆体で、CBGがないと他のカンナビノイドは生まれません。

そんなCBGを多く含んだ商品をCannaTechが販売しているんです。

このオイルも、

  • MCTオイルをブレンド
  • 麻独特の苦味・雑味を軽減
  • 安全性を追求

といった特徴があります。他のCannaTechのCBD濃度10%のオイルと比較するとそれよりCBG含有量が40倍もあるのだとか。

CBGを多く含んだ商品は2つあって、CBD3000mg・CBG360mgのオイルと、CBD1000mg・CBG120mgのオイルです。ともに内容量は10mlなので、濃度に3倍の差があります。

高濃度のCBDだけでなくCBGが入っており、さらにカンナビノイド同士の相乗効果も期待できるので、普通のオイルでは効果を感じれないような方に向いてる商品です。

しかし、単純に値段が高く手を出しづらいとは思うので、そこまでの濃度とこだわりがない方には、先程おすすめしたorganiCBDで充分だと思います。

2-3. リキッド

ベイプには、リキッドカートリッジ・Eリキッド・使い捨てベイプペンなどがありますが、今回はその中でも一番人気のリキッドカートリッジについてご紹介します。

リキッドカートリッジは、デバイスもついているスターターキットとデバイスがついてない2種類で販売されています。

このカートリッジの特徴は、

  • CannaTech独自の技術が使われておりTHCだけを完全除去。また国内自社工場で徹底的に品質管理しているので安全
  • フレーバーが8種類あり、全てフルーティーな味付け
  • CBDが高濃度(50%)
  • ブロードスペクトラムで、他カンナビノイドが3.3%、テルペンが4.1%と豊富

含まれているテルペンの種類などは2-1.でも述べた通りです。

カートリッジでCBD50%濃度はかなり高い方です。しかもCBD以外のカンナビノイド、テルペンも入っているとなると効果の期待が膨らみます。

気になる値段は、デバイスなしのカートリッジだけだと4,980円。CBDだけのmg単価でいう10.0円程ですのでコスパも良い方です。

しかしこれだけCBD濃度も高く、CBD以外のカンナビノイド・テルペンも入っているにも関わらず、味が薄かったり、キック感が足りないといった声もちらほら聞きます。

CBD感をより感じたいと言う方にはChillaxyのベイプリキッドがおすすめです。Chillaxyもフルーティーなフレーバーですしブロードスペクトラムではないですが、テルペンが配合されています。もちろんTHCフリーです。

ベポライザー・アトマイザー・コイルなどを購入&使用するのが面倒だと言う方には、使い捨てタイプのベイプペンもあります。それがDAWGのベイプです。CBD5%で低い方でシーシャのようなフレーバーなので初心者の方にはこちらもおすすめです。

3. 会社概要

CannaTechは、「自分らしく、人間らしく 晴れやかな心が道を切り開く」を企業理念としつつ、「限られた地球資源を有効活用し、持続可能な経済成長と働く仲間の半永続的な幸せを実現する」を目指す、日本のCBDメーカーです。

事業内容は、CBD原料の輸入・CBD製品の製造販売・CBD製品の製造受託・CBD原料の販売を行っております。

特許を出願する程の独自のCBD精製&抽出技術によってTHCを完全除去するなど、安全性の高いCBDビジネスを行ってます。

4. 口コミ

5.最大10%OFF!期間限定のCBDクーポンを無料プレゼント!

tokyo mooon運営のネットショップにてご利用可能な期間限定の10%OFFクーポンを無料配布中です!

tokyo-mooonは安心・安全でおいしく続けやすいCBD商品を厳選して販売しています。

このクーポンを使えば当社こだわりのCBD商品を最大10%OFFで購入できます。

クーポンの利用方法はとても簡単!

以下のクーポンコードを、商品購入時に入力するだけです!

\10%OFFの期間限定クーポンコード/
DlFw33
※コピーして、購入ページのクーポンコード記入欄に張り付けてください(詳細は下図)

クーポン利用方法

※無期限でご利用いただけます。 利用回数は【1回のみ】です。

当店ではCBDfxのCBD25mgグミの8粒入りと60粒入りの両方を取り扱っています。

フレーバーも2種類から選択できます!

CBDfxグミがちょっと高いなと思ったそこのあなた!

ぜひこのクーポンを使ってお得に購入しましょう。

さらに!

LINEの友達追加していただくだけで、15%OFFになるクーポンコードを無料プレゼントします!

お得なキャンペーン情報をどしどし配信するので、是非ご登録ください。

他社ストアよりもお安く購入でき、さらに送料も無料ですので、是非ともこの機会にCBD商品をお試しください。

商品の選び方等わからないことや不安なことがありましたら、些細なことでも構いませんので、お気軽に弊社InstagramにDMくださいね👀 お客様の生活スタイルにあった製品をご紹介させていただきます!

6. 来店購入が最もおトク!?

tokyo mooon待望のCBDショップ、その名も「tokyo mooon CBD Tasting Room」が目黒にオープンしちゃいました、、

店舗にはLUNAがこだわった魅力がいっぱい!
今からその魅力をご紹介していきます!
最後にめっちゃ「おトク」な情報を載せておくのでお楽しみに♪

6-1. 店舗でデキるコト

  • 全品無料でお試し可能
  • 厳選したCBD商品
  • お客様の悩みや生活スタイルにあった商品を提案

6-2. 店舗基本情報

開店時間AM10:00-PM8:00
電話番号03-4400-6674
住所東京都目黒区下目黒3丁目1-22 谷本ビル2階B号室

6-3. アクセス

JR目黒駅東口から徒歩10分

1. 目黒通りに沿って目黒川に向かって歩きます〜
2. そのまま真っ直ぐ直進して、大島神社が見えたところを左折します〜

6-4. オープン大特価!来店限定 全商品20%OFF

ここまで読んでくれてありがとうございました。

なんとオープン価格限定で「全商品20%OFF」とさせていただきます!

こんなに安く手に入るのは、今だけ!お店だけ!

それでは、お店でお会いしましょう〜

See you next time

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。日本臨床カンナビノイド学会会員。青山や代官山によく足を運びます。