商品レビュー

【辛口レビュー🔥】イチオシ・最強CBDグミのHempBaby(ヘンプベイビー)とは!?

1. はじめに

CBD商品、日本でもたくさん増えてきて、どれを選ぶべきか大変難しくなってきました。

CBD商品は値段も高いですし、選ぶの失敗したくないですよね。

このシリーズでは、そんなみなさんにおすすめのCBD商品を紹介していきます。

第一弾は、CBDグミのHempBaby(ヘンプベイビー)

これは正直、びっくりしました。

こんなにガツンと効く、CBD商品が日本にもあったかと。

CBD商品は日本に色んなタイプのものが存在します。

オイル(ティンクチャー)、カプセルタイプ、ベイプリキッド、バームなどなど。

その中でもグミは大変試しやすい、友達にもシェアしやすい、初心者の方にもヘビーユーザーの方にも心からおすすめできる商品タイプです。

CBDグミだけに絞ると、そこまで商品種類は現状ないですが、中でもおすすめできるのがHemp BabyというCBDグミなんですね。

次の章では、まずはHemp Babyの基本情報を簡単に説明します。

※ 本記事を最後まで読んでいただいた方には期間限定の最大10%OFFクーポンを無料プレゼントします!ぜひ最後までお読みください!

2. ヘンプベイビー(HempBaby)の基本スペック

Hemp Babyのグミは2種類あります。

ハイポテンシーというCBD高含有量版とスタンダード版の2種類です。

ハイポテンシーはグミ1粒当たり25mg、スタンダードは1粒当たり15mgのCBDが含まれています。

各種類に5個入り、25個入り、50個入り、75個入り、100個入りのパッケージサイズがあります。

(日本では75個入りはあまり見かけません)

グミフレーバーは

  • オレンジ
  • グリーンアップル
  • ストロベリー
  • ソーダ
  • レモン

の5種類で、各パッケージにこのフレーバーが均等に入っています。

3. ヘンプベイビー(HempBaby)社について

こちらのグミはアメリカ製です。

アメリカはフロリダ州マイアミのブランドで「健康とウェルネスをコントロールし、本来の自分を取り戻す」をテーマに様々な商品をリリースしています。

化学的な医薬品による治療による依存症で苦しんでいた家族や友人がCBDにより救われた様子を見て、CBDのビジネスを始めたと、会社HPに記載されていました。

良いエピソードですね。

4. ヘンプベイビー(HempBaby)のおすすめポイント

ヘンプベイビーのおすすめポイントを簡単にまとめました。

4-1. コスパ

まず、コスパです。圧倒的に安い。

CBD商品を購入する際の注意点はこちらの記事に詳しくまとめましたが、CBD1mg当たりの価格が破格なのです。

大体、mg単価が15〜20円というのが日本の相場ですが、スタンダードの100粒入りですと、1500mgのCBDで、14,280円で販売されているので、mg単価がなんと約10円です。いかにコスパがいいかお分かり頂けるかと思います。

4-2. ランキング1位

人気の証がランキングからも分かります。

おなじみ楽天にてグミランキングを見ると、なんとヘンプベイビーが一位!

このランキングはCBDグミだけではなく、グミ全般のランキングなんですね。

そのランキングで1位のグミがHemp Babyなんです。

4-3. 味と食感

はっきりいいます。カラーがもうまさにアメリカン。

そこから想像されるグミはもう甘いだけの日本人にはあまり受けない味なんでしょう…?

と思うじゃないですか!?

実は、美味しいんです!

食感も最近人気のハードタイプでしっかり食感があります。

嗜好用の食べ物なんで、やはり味も大事ですよね。このグミは美味い!

4-4. 安心安全

日本は諸外国に比べ、ヘンプの規制が厳しいです。

もちろん、違法成分のハイになるTHCが含まれていてはいけません。

THCが含まれていないことがこちらの画像からも分かりますね。

第三者機関によるテスト済みです。

5. ヘンプベイビー(HempBaby)に関する口コミ

ヘンプベイビー、もちろん筆者はおすすめなのですが、他の人がどう思ってるのか知りたい人もいると思います。

Twitterで何個か感想を探してみました。

楽天やGoogle検索でも口コミ見つけられるかと思いますが、皆さん大絶賛です。

6. ヘンプベイビー(HempBaby)にメラトニンが入ってるって本当?

過去に、ヘンプベイビーにメラトニンが含まれており、販売後に回収する問題が発生しました。

参考:ヘンプベイビー製CBDグミ15mg5個入り回収のお知らせ

メラトニンは、アメリカではサプリとして販売されているのですが、日本では販売が禁止されています。

どうやら、アメリカ向けに販売したヘンプベイビーが日本の輸入品に含まれていたようです。

えっ!じゃあヘンプベイビーを購入すると危ないんじゃないの!?と思われたかもしれませんが、安心してください。

最新のヘンプベイビーを購入いただければ問題ありません!

以下のような対策を行うことで、日本向けの商品にメラトニンが含まれることがなくなりました!

  • ドロップストーン社が輸入総代理店となり、しっかりとした検査を行うようになった
  • 問題が発生した商品から、CBN配合の新バージョン商品に変更した

もちろん、tokyo-mooonではドロップストーン社が輸入した最新のヘンプベイビーを取り扱っていますので、安心して購入いただけます!

7. 失敗しないヘンプベイビー(HempBaby)の購入方法

ヘンプベイビーのCBDグミ、気になって頂けたでしょうか?

気になったけど、やはりネット情報で実物を見れたわけじゃないし、使ったこともないので、買って後悔しないか不安…

そう思われた方も多いと思います。

そんな方に失敗しないヘンプベイビーの方法をお伝えします。

それは下記です。

  • 5粒入りを購入して試した上で、自分に合っていれば大容量のヘンプベイビーを購入する
  • CBD25mg含有のハイポテンシーのヘンプベイビーを購入する

一番少ない5粒から購入することで、もし自分に合わなかったとしても、出費を最小限に抑えることができます。

また、25mg含有のハイポテンシ―の方が圧倒的にコスパがいいです。
以下の表で、15mgと25mgの商品をmg単価で比較してみました!

ヘンプベイビーのCBD含有量15mgと25mgのmg単価の比較

このように、25mgの方が、CBDをコスパ良く摂取できるんです!

でも、25mgだと効きすぎるかも…と思われた方、グミを切って食べればいいんです!

そうすれば少ない量のCBDをコスパ良く摂取できます。

実際、グミを切って食べている方もいらっしゃいます。

半分に切るとこんな感じで、簡単に切れます!

ですので、特に初めてヘンプベイビーを利用される方は、25mgの5粒入りを購入し、自分に合っていれば大容量のヘンプベイビーを買いましょう。

CBD量は切って調整できますし、コスパ最強で失敗無しです!

8. ヘンプベイビー(HempBaby)買うならココ!

コスパ最強のヘンプベイビーですが、tokyo-mooonの販売サイトで国内最安値でご購入頂けます。

2021年3月時点で、楽天に出品されている他社さんのヘンプベイビー商品と比較しました。(最新のCBN配合版の商品で比較しています)

ヘンプベイビー(HempBaby)グミ(CBD含有量25mg、5粒入り)の価格比較
ヘンプベイビー(HempBaby)グミ(CBD含有量25mg、50粒入り)の価格比較

上記のようにtokyo-mooonは、国内最安値でありながら、送料も無料!

ただ、ここだけの話、国内最安値、かつ、送料無料はしょうじきLUNAのお財布的にそうとう厳しいんですよね…

ですので、スミマセンが、期間限定にしようと考えています。ちょっとでも興味があればぜひ今すぐにご購入ください!

先ほど説明したように、ヘンプベイビーを始めて購入される方は、まずは25mg5粒入りからの購入をおすすめします。

9. 最大10%OFF!期間限定のCBDクーポンを無料プレゼント!

最後までお読みいただきありがとうございました!

本記事を最後までお読みいただいたあなたに、tokyo mooon運営のネットショップにてご利用可能な期間限定クーポンを無料配布中です!

tokyo-mooonは安心・安全でおいしく続けやすいCBD商品を厳選して販売しています。

このクーポンを使えば当社こだわりのCBD商品を最大10%OFFで購入できます。

もちろんHempBabyも10%OFFで、超お得!

クーポンの利用方法はとても簡単!
以下のクーポンコードを、商品購入時に入力するだけです!
(入力方法は下図)

【 DlFw33 】

※無期限でご利用いただけます。 利用回数は【1回のみ】です。

さらに!
LINEの友達追加していただくだけで、15%OFFになるクーポンコードを無料プレゼントします!

お得なキャンペーン情報をどしどし配信するので、是非ご登録ください。

他社ストアよりもお安く購入でき、さらに送料も無料ですので、是非ともこの機会にCBD商品をお試しください。

商品の選び方等わからないことや不安なことがありましたら、些細なことでも構いませんので、お気軽に弊社InstagramにDMくださいね👀
お客様の生活スタイルにあった製品をご紹介させていただきます!

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。日本臨床カンナビノイド学会会員。青山や代官山によく足を運びます。