睡眠基礎知識

【簡単】深い眠りにつく方法

寝つきが悪かったり、目が覚めたときに疲れやだるさを感じたりしていませんか?もしかしたら、理想的な7~9時間の睡眠時間を確保できていないからかもしれません。

深い眠りには、心身の回復に重要なさまざまな役割があります。 睡眠、特に深い睡眠が不足すると、日中の眠気以外にも、病気や気分転換、記憶力の問題など、さまざまな問題を引き起こすリスクが高まります。

深い眠りとはどのようなものなのでしょうか。夜中に誰かが起こそうとしても全く動じなかったという人は、おそらく深い睡眠が取れています。深い眠りの間は、夢を見ず、心身の疲れを回復しています。

1. 深い睡眠が重要な理由

深い眠りは、毎晩の睡眠パターンの中で、心身ともに回復力の高い段階です。深い眠りの間は、呼吸が遅くなり、心拍数が規則的になります。朝の爽快感を得るためには、深い眠りが必要です。 深い眠りがないと、疲れや不機嫌さを感じてしまいます。 

深い眠りの間、体は脳の奥にある下垂体と呼ばれる部位から成長ホルモンを分泌して細胞や組織を修復しています。これにより、目が覚めたときに傷や筋肉組織、体の細胞が修復され、再生されるようになっています。だからこそ、疲れる運動をした後や免疫力が低下しているときには、より多くの睡眠をとることがとても重要なのです。

日中の覚醒、エネルギーの維持、体の修復に加えて、脳細胞にもメリットがあります。 具体的には、脳細胞は深い睡眠を回復とリセットの時間として利用しています。最近の研究では、私たちの脳は深い眠りの中で日中に溜まった毒素を脳脊髄液を使って排出することがわかってきました。深い睡眠が不足していると、これらの有毒なタンパク質が蓄積され、アルツハイマー病などの病気の発症につながる可能性があります。

2. 深い睡眠とは

睡眠には主に4つのステージがあり、約90分ですべてのステージを循環します。睡眠の各ステージは、1つのレム睡眠段階と3つのノンレム睡眠段階に分類されます。それぞれの睡眠段階は異なる神経活動に関連しています。 深い睡眠はノンレム睡眠の最後の段階で、徐波睡眠、デルタ睡眠、N3睡眠とも呼ばれます。

大脳皮質(思考や行動などの高次脳機能に関連する脳の最大部分)にある脳細胞は睡眠に関与しています。 科学者たちは、以前は脳が休息している状態だと考えられていた徐波睡眠中に、実は大脳皮質の脳細胞が活動していることを発見して驚きました。 

大脳新皮質の脳細胞は、徐波睡眠時には起床時よりも活発になることが研究で明らかになっています。この睡眠段階では、レム睡眠時のように筋肉が完全に静止していないため、特定の睡眠障害、夜間遺尿症(おねしょ)、夜驚症、夢遊病が起きる可能性があります。

徐波睡眠時の脳細胞の働きについて疑問に思うかもしれません。 記憶の統合がこの徐波睡眠中に起こっています。

睡眠計測アプリを使って、毎晩どれくらいの睡眠を得ているかを測定することができます。 睡眠サイクルをより正確に測定したい場合は、ウェアラブル端末の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

もし8時間の睡眠をしっかりと取っているのであれば、全体の睡眠時間の約20~25%(約1.5~2時間)は、深くてゆっくりとした脳波の睡眠であるはずです。

3. 深い睡眠につく方法

深い睡眠は、入眠後30分から45分の間に起こります。深い眠りにつくのは夜の早い時間帯が多く、その後、早朝になるにつれ、レム睡眠の割合が増えていきます。生活習慣の改善だけで深い眠りを得る方法をいくつかご紹介します。

3-1. ストレスを減らし、リラックスできる音楽を寝る前に聴く  

ストレスは不眠の原因の第一位であり、毎晩の睡眠習慣の質に深刻な影響を与える可能性があります。 ヨガと瞑想は、ストレスを軽減し、より深い眠りを得るための素晴らしい方法です。ある研究によると、就寝1時間前にリラックスできる音楽を聴くことで、深い眠りを得ることもできるそうです。このようなリラックスできる睡眠音楽を毎晩の習慣に取り入れてみてください。

3-2. 長く眠る 

深い眠りを確保するための最良の方法は、最低でも一晩に8時間の睡眠をとることです。 十分な睡眠時間を確保することで、脳は徐波睡眠を含め、必要とされるすべての睡眠段階を通過することができ、リフレッシュした状態で一日を過ごすことができるようになります。 睡眠不足になると、重要な睡眠段階のすべてを満たせず、日中の眠気、記憶力の低下、気分の悪化、病気への抵抗力の低下など、さまざまな問題を引き起こし ます。

3-3. 定期的に運動をする 

ランニング、ジョギング、水泳などの運動は、夜の睡眠を改善し、睡眠時間を増やすのに役立ちます。 運動をしてもなかなか寝付けない場合は、睡眠を妨げないように、就寝直前ではなく、早めの時間帯に運動をすることを検討してみましょう。

3-4. 就寝前のスマートフォンの使用避ける  

スマートフォンは、概日リズムを妨害し、自然な睡眠スケジュールを乱す可能性のあるブルーライトを発します。 夜間にスマートフォンを使う場合は、輝度を最低に設定した状態で行いましょう。

良い睡眠衛生習慣を維持することで、徐波睡眠を含めた全体的に十分な睡眠を確保できます。 睡眠は、気分だけでなく、免疫機能や記憶機能にも有益な効果があります。睡眠時間を削りたくなる時があると思います。そんなときは、理想的な睡眠により十分に休息した心と体がもたらす大きなメリットについて考えてみてください。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。
関連コンテンツ