睡眠基礎知識

睡眠薬としてのドラマミンとは?

抗ヒスタミン薬について、科学的に掘り下げてみましょう。これらの薬がどのように作用するのか、そしてなぜこれらの薬が安眠のための最良の選択ではないのかを探っていきます。

1. ドラマミンとは何か

ドラマミンとして知られているジフェンヒドラミンは、乗り物酔いの治療に使用される抗ヒスタミン薬です。 使用目的は、乗り物酔いの患者が経験する吐き気、嘔吐、めまいの予防および治療を助けることです。 睡眠補助薬としての使用は意図されていません。

ドラマミンは抗ヒスタミン薬であり、体内の天然化合物ヒスタミンの影響を軽減するように作用します 。 ヒスタミンは体内に豊富に存在する低分子であり、その最もよく知られた機能は、アレルギー反応の媒介者としての役割です。 

ドラマミンは2つの有効成分、ジフェンヒドラミンと8-クロロテオフィリンの組み合わせです。 ドラマミンの吐き気を抑える作用は、前庭系のヒスタミン受容体のジフェンヒドラミンの遮断の結果であると考えられており、覚せい剤の8-クロロチオフィリンの添加は、ジフェンヒドラミンの鎮静作用を打ち消すことを意図していました。

2. 睡眠導入剤としての使用

ドラマミンの主成分であるジフェンヒドラミンは抗アレルギー薬として、服用してから約20分後に眠気が生じるため、睡眠導入剤として使用されてきました。しかし、ドラマミンには覚醒を促す別の化合物も含まれているため、睡眠導入剤としてはあまり向いていません。 

睡眠導入剤を選ぶことを考える際には、よく調べてみると良いでしょう。抗ヒスタミン薬のドラマミンやベナドリルは、眠りにつくのを助けることができますが、睡眠の質を向上させるものではありません。 

時には、眠気でなく落ち着きのなさを引き起こすこともあります。 ドラマミンは本来、乗り物酔いを治療するためのもので、不眠症を治療するためのものではないという認識もあり、副作用としては、胸痛、警戒心の低下、排尿困難、痙攣、発作、気分の変化、不整脈などがあります。

科学的研究では、ドラマミンが眠気を引き起こすことが示されていますが、実際にどの程度睡眠や睡眠の質を改善するのかについては、まだ明らかにされていません。

ドラマミンは、アセトアミノフェン(タイレノール)、アスピリンやイブプロフェン(アドビル)などの非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)、メトホルミン、プレドニゾン、特定の抗うつ薬、抗精神病薬、抗不安薬など、さまざまな処方薬や市販薬と相互作用する可能性があります。 

睡眠のためのドラマミンは、睡眠問題に苦しんでいる人の第一選択の治療法ではないことがエビデンスから示唆されています。睡眠問題を抱えている人は、より安らかで質の高い睡眠を得るために、睡眠問題を解消するために睡眠の専門家に相談してください。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。