睡眠基礎知識

マグネシウムって実は睡眠有効成分なんだよって話

睡眠を改善するためのサプリメントはたくさんあります。

つまり、睡眠の問題を改善するために、依存症の可能性のある医薬品ではなく、自然由来のサプリメントを使用することができるということです。

マグネシウムは、一般的なサプリメントの一つです。マグネシウムには様々な種類があります。では、どれが睡眠に最適なマグネシウムなのでしょうか?

マグネシウムの性質と、睡眠に効果的なマグネシウムについて今回は説明します。

睡眠トラブルは、処方された睡眠薬よりも睡眠サプリで解決する方が一般的に健康的な解決方法です。

1. マグネシウムとは

マグネシウムは食品やサプリメントに含まれている一般的なミネラルです。体を健康に保つためには、このミネラルが必要です。私たちは体内の様々な箇所でマグネシウムを消費しています。このミネラルは、体のすべての細胞、組織、器官が機能するために必要なものです。つまり、マグネシウムは体全体を機能するのを助ける役割を担っているのです。

マグネシウムは、脳の機能、骨の健康、筋肉の機能、心臓の機能をサポートする役割も担っています。様々な種類のマグネシウムが市販されていますが、一般的なものとしては、塩化マグネシウム、酸化マグネシウム、クエン酸マグネシウム、グリシン酸マグネシウムなどがあります。

2. 各マグネシウムサプリの身体作用

サプリメントの効果をテストして、どのように使用すべきか明らかにした研究があります。どの種類のマグネシウムサプリを使用することが、より良い睡眠につながるのか、この問いについて詳しく考えていきます。

2-1. クエン酸マグネシウム 

クエン酸というと、聞き覚えがあるかもしれません。クエン酸マグネシウムは、体の消化を助けるために使用されています。便秘や消化不良に悩まされている方には、このサプリメントがおすすめです。しかし、脱水症状につながる可能性があるので、水分をたくさん摂る必要があります。

2-2. 塩化マグネシウム

これは、市場で最も人気のあるマグネシウムサプリメントの一つと考えられています。海水から作られた塩化マグネシウムには、睡眠の最適化、消化機能の向上、骨の健康、不安感の緩和などの効果があります。

グリシン酸マグネシウム

ストレスを感じている方には、このサプリメントがおすすめです。グリシン酸マグネシウムは筋肉をリラックスさせ、睡眠を助け、心身を落ち着かせてくれます。塩化マグネシウムとは異なり、大きな副作用(下痢など)はなく、他のマグネシウムに比べて吸収されやすいのが特徴です。

2-3. 酸化マグネシウム

このサプリメントは、消化不良や胸焼けに悩む方に効果的です。また、片頭痛の症状を改善するためにも摂取することができます。このサプリの懸念点は、下剤効果があり、下痢になってしまうことがある点です。

3. 睡眠の改善に最適なマグネシウムとは

睡眠に有益なマグネシウムにはいくつかありますが、総合的に見て睡眠に最適なマグネシウムサプリはどれでしょうか。グリシン酸マグネシウムは睡眠の量と質の向上に効果的で、副作用があまりない数少ないサプリの一つです。

多くの睡眠障害者がメラトニンをマグネシウムに置き換えて使用するようになってきていますが、これは現在大きな話題となっています。メラトニンは長い間、睡眠サプリメントのスタンダードでした。しかし、毎日同じものを摂取していると、体がそれに順応してしまいます。同じ効果を得るためには服用量を上げ続ける必要があります。メラトニンも同じです。

そのため、複数の睡眠サプリをローテーションで使用し、特定の成分に耐性を作らないようにすることが大事です。

4. マグネシウムと睡眠

マグネシウムと睡眠の関連性について知っている人は多くありません。

とはいえ、効果的な睡眠サプリを調べてみると、 マグネシウムは検索結果の上位近くに位置する効果的なサプリの一つです。一般的に、バランスのとれた食事を摂ることで、必要なマグネシウムを摂取できますが、場合によっては、マグネシウムの欠乏によるエネルギー不足、筋肉痛、足の痙攣、不安などの症状を防ぐために、マグネシウムサプリメントの日常的な摂取が大事になります。

健康に効果的なマグネシウムの摂取量は350mgです。睡眠を改善するためには、ほとんどのサプリメントは平均400mg摂取すると良いでしょう。

5. 食事によるマグネシウムの摂取

マグネシウムを多く含む食品を食べることで、体内のマグネシウム量を増やすことができます。

以下に、マグネシウムを多く含む最も健康的な食品をあげておきます。

  • ダークチョコレート
  • アボカド
  • ナッツ
  • 豆類
  • 豆腐
  • 種子
  • 全粒粉
  • サーモン、サバ、オヒョウ 
  • バナナ
  • リーフグリーン

マグネシウムが十分に摂れていない場合は、食生活を見直してみましょう。バランスのとれた食生活は睡眠サイクルの改善だけでなく、健康的な体にもつながります。

6. マグネシウム不足の症状

マグネシウム不足の最も一般的な症状は、 睡眠の問題と関連しています。睡眠をより良くするためには、マグネシウムレベルが適切なレベルでなければならないという研究結果があります。マグネシウムレベルに関連した身体的、感情的な症状は他にも多数あり、以下のようなものがあります。

  • 痛み
  • 疲労
  • うつ病 
  • 不安
  • レストレスレッグ症候群の症状
  • 筋肉の痙攣とけいれん
  • 骨粗鬆症 
  • 高血圧
  • 喘息
  • 不規則な心拍

マグネシウム欠乏症になったときに直面する一般的な症状のいくつかをご紹介します。

マグネシウム不足の症状を経験する人は人口のわずか2%ですが、最大75%の人が1日の推奨摂取量を満たしていません。マグネシウム不足の症状が目に見えて現れていなくとも、今まで感じていた体の不調はマグネシウム不足によるものではないでしょうか。自分の気分や体の調子をしっかりと把握するようにしましょう。

マグネシウムのレベルが低くても、致命的な低さにならない限り生活に影響を与えないため、ほとんどの場合気づきません。そのため、医師には見過ごされがちですが、診断すれば治療することができます。新しい薬やサプリメントは、医療従事者の指導を受けずに服用しないようにしましょう。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。
関連コンテンツ