睡眠基礎知識

快眠するための朝の正しい睡眠習慣

質の高い睡眠をとるには、ベッドに入る前から準備が必要です。良質な睡眠には、起きた瞬間から朝の睡眠ルーティーンを考えなければいけません。
朝だけでなく、一日のの過ごし方全部が、睡眠の質に影響を与えます。

難しいことのように聞こえるかもしれませんが、習慣化すれば、そんなに難しいことではありません。

今回は朝、昼、夜、就寝時の各パートの中で朝のパートに絞って、一日を快適に過ごすために必要な健康的な睡眠習慣をご紹介します。

朝、起床の時間。
しつこいスマートフォンのアラーム音に合わせて、まばたきをした数秒間。

あなたはすぐ二度寝しますか? それとも、すぐにベッドから飛び出しますか?
目覚めてから何分で朝日を浴びますか?

目覚ましアラームで目覚めた後、どう反応するか、直射日光をどれだけ早く浴びるかは、その日一日の生産性や夜の睡眠の質に大きな影響を与えます。

自分の睡眠を振り返ることで、より良い睡眠を実現できます。

ここでは、朝の時間帯の睡眠に関する3つの事実と、一日を正しくスタートさせるための新しい睡眠習慣をご紹介します。

1. 睡眠と朝日

目を覚まして、直射日光を浴びると、夜によく眠ることができます。
なぜでしょう?いくつか理由があります。

第一に、概日リズムを管理するのに役立ちます。

さらに、朝日を浴びると、気分を高めるホルモンのセロトニンが脳内で放出され、増加し、一日の始まりを落ち着いて、集中した状態でスタートできるようになります。

起床したらカーテンを開けて、室内に光を取り入れましょう。

冬、日照時間の長くない地域に住んでいますか?
その場合は、UVライトに投資してください。
夜には、睡眠を促進するホルモンのメラトニンを増加させるために部屋を暗くしてみてください。

2. 睡眠と二度寝

熟睡できていない時に二度寝したくなります。
しかし、二度寝をすると、その晩の睡眠に悪影響を及ぼし、休息実感を得られない可能性が高いです。
レム睡眠中に、10分間隔で睡眠を中断してしまうと、身体が休息できません。

よく二度寝をしている場合、その二度寝が本当に自分のためになっているか自問自答してみてください。より良い睡眠衛生を確立することで、体力を回復するのに役立ちます。二度寝の習慣から脱しましょう。

3. 睡眠の記録

睡眠は複雑で、理解するのが難しいです。睡眠を改善するには、積極的に行動することが必要です。睡眠を理解する上で欠かせないのが、記録をとることです。

何時に寝て、何時に目が覚めたか? 一晩中眠れたか? 
夢や悪夢を見たか? 寝る前に何を食べたか(または飲んだか)?

これらの詳細を記録しておくことで、自分の睡眠習慣のどこを最も改善する必要があるのかをピンポイントで把握することができます。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。