睡眠基礎知識

良質な睡眠に大事なのは、量と質どっち?

朝、目覚ましアラームが鳴ったとき、それを消そうと目を開けるのがやっとの場合、睡眠不足の可能性があります。

6時間の深い睡眠と9時間の長い睡眠、どちらが良いのでしょうか。睡眠の質と量、どちらが大事かについては、昔から問われている問題です。

睡眠の質を示す一番の指標は、朝起きた時の気分です。日中の気分が良いほど、睡眠の質が高いと捉えます。

質の高い睡眠を得ている時は、深い眠りとレム睡眠を達成できている可能性が高く、集中した学習、記憶の定着、精神の安定のために重要です。

大切なのは睡眠の「量」ではなく「質」です。長期的に質の良い睡眠を得るためには、良い生活習慣を身につけることも大切です。

tokyo mooonは、質の高い睡眠を得ることを目的としたサプリです。

サプリに含まれるCBDという麻由来の成分が、覚醒系の神経伝達物質(コルチゾール・ドーパミンなど)を抑制することで、朝の快適な目覚めを実現します。

朝目覚めて、さっぱり起きられたと驚きを感じているということは、tokyo mooonが身体に機能していたということです。

毎日tokyo mooonを服用し、夜寝る前には良質な睡眠習慣を実践することをおすすめします。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。