睡眠基礎知識

睡眠薬の長所と短所

睡眠障害を抱える人は人口の30~50%を占め、慢性的な不眠症に悩んでいる人は成人の20%を占めます。睡眠障害や不眠症で悩んでいる方は、最も効果的な処方睡眠薬は何かと疑問に思ったことがあるかもしれません。

処方睡眠薬は、特定の睡眠障害を治療するために医師によって処方される必要があります。

この記事の目的は純粋に情報提供であり、存在するさまざまな睡眠薬とその作用、そして考えられる副作用を明らかにすることのみを目的としています。

1. 不眠症のための睡眠薬の長所と短所

睡眠薬は、2週間未満の短期的な、または急性の不眠症の治療にのみ有効です。不眠症は、症状や個人差により、急性のものと慢性のものがあります。1ヶ月以上続く不眠症と定義される慢性的な不眠症の場合には、長期間の臨床試験が行われた医薬品はありません。

このような場合には、不眠症に対する認知行動療法(CBT-I)のような全人的な治療法が、ライフスタイルの変化や睡眠衛生の実施とともに最も効果的であることが示されています。

不眠症には様々なタイプがあるため、それぞれのタイプに合った薬を服用する必要があります。

しかし、睡眠薬を服用することにはメリットとデメリットがあります。睡眠薬が睡眠障害に対する一般的な解決策となっている理由の1つは、ほとんどの人が最初のうちは睡眠の改善、つまり他の方法よりも早く眠りに落ちるかもしれないと思うからです。最も一般的に使用されている睡眠薬は、短期または臨時の不眠症のためのものです。 

これらの薬は通常、短期間の使用は問題ないです。しかし、すぐにいくつかの睡眠薬に耐性を持つようになってしまいます。耐性を持ち始め、服用量が多くなり、睡眠薬に依存してしまう人が多数いるのが現状です。しかし、睡眠薬は、副作用のリスクを伴うものです。

1-1 ベンゾジアゼピン系

ベンゾジアゼピン系薬剤は、急性不眠症、不安障害、パニック発作、発作などに一般的に処方されます。これらの短時間作用型の薬は、脳内の神経伝達物質であるGABAの作用を増強することで作用します。この神経伝達物質は抑制性があり、神経系の活動を抑制することで、リラックス感や眠気を促進します。

ベンゾジアゼピンには半減期の異なる多種多様なものがありますが、最も一般的なものとしては、クロナゼパム(クロノピン)、ロラゼパム(アチバン)、ジアゼパム(バリウム)、アルプラゾラム(ザナックス)、テマゼパム(レストリル)、トリアゾラム(ハルシオン)、エスタゾラム、フルラゼパムなどがあります。

長所

  • ベンゾジアゼピンは、睡眠に落ちる時間を短縮し、総睡眠時間を増加させるのに有効であることが示されています。
  • レム睡眠行動障害における手足の周期的な動きや夢を身体的に演じるなど、睡眠を妨げる可能性のある運動症状を緩和する可能性があります。
  • 抗不安作用により、睡眠を妨げる不安やパニックなどの心理的苦痛を緩和する可能性があります。

短所

・長期的に使用すると、耐性ができてしまうため、依存してしまう恐れがあります。慢性的な服用の後に薬を飲むのを止めると、リバウンドで不眠が悪化することがあります(反跳性不眠)。

・深い眠りに入る、レム睡眠の持続時間を減少させます。

・記憶障害、日中の眠気、めまい、軽い頭痛などの副作用。

・高齢者におけるベンゾジアゼピン系薬剤による認知症リスク上昇の可能性。

1-2 Z-drugs

Z-drugsは、1980年代後半から1990年代前半に登場した薬です。これらの薬は、短期の不眠症のために一般的に処方される非ベンゾジアゼピン系薬物の分類です。Z-drugsには、ゾルピデム、ゾピクロン、エスゾピクロンが含まれます。

Z-drugsはベンゾジアゼピン受容体作動薬であり、脳内の同じGABA受容体でGABAの活性を高めることでベンゾジアゼピンと同様の作用をします。これらの受容体が活性化されると、脳が興奮状態になるのを止め、疲れを感じるのを助けます。

長所

  • Z-drugsは、総睡眠時間を増加させることに加え、眠りに落ちるまでの時間を減らすのに役立ちます。
  • ベンゾジアゼピン系と比較して、依存性が抑えられています。
  • 半減期と作用の限られた期間は、次の日の副作用の強度を軽減します。

欠点

  • 人によっては、これらの薬の効果をあまり感じない人もいます。
  • 翌日の眠気、めまい、鮮明な夢、夢遊病などの副交感神経症などの副作用があります。
  • 長期使用時の有効性や安全性はほとんどわかっていません。

1-3 オレキシン受容体拮抗薬

オレキシン受容体拮抗薬は、最近認証を得た企業が多いです。GABA の作用を高めるのではなく、これらの薬は、脳内のオレキシンと呼ばれる化学物質の活性を阻害することによって作用します。

オレキシンは覚醒と覚醒を調整する上で重要な役割を果たしているので、この化学物質の作用を阻害することで不眠症の症状を改善することができます。スボルレキサント(ベルソムラ)は、不眠症治療のために承認された最初のオレキシン受容体拮抗薬です。

長所

  • これらの薬は、睡眠維持型の不眠症に効果があり、眠りにつくまでの時間を短縮することができます。
  • オレキシン拮抗薬はオレキシン受容体に対する特異性が高いため、これらの薬剤はGABAを増強する薬剤に比べて望ましくない副作用が少ないです。
  • ベンゾジアゼピン系のように生理機能を変化させることは示されていません。

欠点

  • 考えられる副作用には、鮮明な夢、悪夢、睡眠麻痺、筋力低下、翌日の眠気などがあります。
  • ゾルピデムに似た心理的依存が見受けられる場合があります。

1-4 抗うつ薬

抗うつ薬は、一般的に不眠症の適応外で処方されたり、二次的な不眠症を頻繁に引き起こす可能性のあるうつ病の一次治療に処方されたりします。古い三環系抗うつ薬は鎮静作用があり、不眠症の治療に処方されるのが一般的である。これらには、ドキセピン(シネカン)およびアミトリプチリン(エラビル、エンデップ)が含まれる。

トラゾドン(デシレル)、ネファゾドン(セルゾン)、ミルタザピン(レメロン)などの他の抗うつ薬も頻繁に処方される。これらの抗うつ薬は、ヒスタミン、覚醒を促進する化学物質の作用をブロックすることによって、或いは、その再取り込みをブロックすることによって、脳内のセロトニンのレベルを高めることによって機能します。

長所

  • それは眠りに落ちると夜間の覚醒にかかる時間を短縮することができます。
  • 一般的に不眠症の症状に関連付けられている不安や抑うつの症状を改善することがあります。
  • ベンゾジアゼピン系やZ-drugsと比較して長期的な使用に適しています。

短所

  • 鎮静型抗うつ薬はレム睡眠を抑制し、レム睡眠に入るまでの時間を長くする傾向があります。
  • めまい、口渇、胃の不調、性機能障害、足の異常、体重増加などの可能性のある副作用があります。
  • ドキセピンやアミトリプリンなどの抗コリン作用を有する三環系薬剤は認知症リスクの増加と関連しています。

1-5 メラトニン受容体作動薬

メラトニンは脳の松果体で自然に生成されるホルモンで、私たちの睡眠と覚醒のサイクルを調整する上で重要な役割を果たしています。メラトニンの産生は夕方遅くにピークを迎え、睡眠を開始するのに役立ちます。

この眠気を誘発するホルモンのレベルを高めるには、メラトニンの合成バージョンを補充したり、ラメルテオン(ロゼレム)などのメラトニン受容体アゴニストを処方したりすることができます。メラトニンの生産とメラトニン受容体の効力は、年齢とともに減少する傾向があるので、これらの薬は、高齢者にはより効果的な場合があります。

長所

  • 人によっては、約9分で睡眠導入を改善することがあります。
  • 重大な乱用の可能性も重度の離脱症状もありません。
  • 他の睡眠薬と比べると、副作用が少ないです。

短所

  • 合成メラトニンは非常に限られた効力を持つことが示されていますが、少し早く眠りに落ちることがあります。
  • ラメルテオンの考えられる副作用には、傾眠、めまい、吐き気、頭痛、疲労感などがあります。

2.気をつけるべき睡眠薬

アメリカの臨床睡眠医学雑誌によると、睡眠改善のためによく耳にする薬の中には、あまりお勧めできないものもあるようです。

これは、副作用、有効性の欠如、または不眠症の治療への使用を支持するデータの欠如が原因である可能性があります。以下の薬は、Journal of Clinical Sleep Medicineでは不眠症の人に推奨されていません。

  • ドキシラミン(ユニソム)およびジフェンヒドラミン(ベナドリル)などの抗ヒスタミン薬
  • ティアガビン 
  • トラゾドン

3.睡眠専門医とは

睡眠専門医とは、睡眠に関する問題を治療する医師のことです。これらの医師は、睡眠障害の診断と潜在的な治療を支援します。睡眠の専門家は、一般的に睡眠センターや睡眠クリニックで働いています。

睡眠の専門家がMDまたはDOの学位を持っていれば、薬を処方することができます。一方、心理学の専門家(博士号取得者など)であれば、自分で薬を処方することはできないため、適切な薬を処方できる別の専門家を紹介することもあります。

3-1 睡眠薬治療の使用例 

  • 睡眠導入型不眠症(定期的な入眠困難)
  • 睡眠維持のための不眠症(定期的に眠れない)
  • 睡眠導入と睡眠維持の両方の不眠症

4. おわりに

睡眠薬にはたくさんの種類があります。万人に共通してお勧めできる睡眠薬はありません。あなたに最適な睡眠薬は、あなたの睡眠状態に関連する多くの要因に左右されます。

睡眠の専門家に相談することは、睡眠が乱れている原因を判断するのに最適な方法です。睡眠時無呼吸症候群のような物理的な睡眠障害は別として、ほとんどの場合、不眠症は一時的な睡眠障害であり、急性の形では1ヶ月以上続く症状ではないということです。そうであれば、睡眠問題を解決するために、自分のライフスタイルに合った習慣を取り入れてみましょう。1ヶ月以上続く場合は、睡眠の専門家に相談してみましょう。

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。
関連コンテンツ