睡眠基礎知識

安眠するためのコツ

やりきった一日の最後に、穏やかな夜のくつろぎがやってきます。
近い将来やこれからの10年に向けて、自分自身をどのようにケアするか、この重要なことを再考する時が来たのかもしれません。私たちの心を落ち着かせ、しっかりとした休息のために準備することは、お金のかからない効果的な習慣です。そして、これは私たちの健康と幸福に計り知れない恩恵をもたらします。

毎晩、リラックスするためにできることはたくさんあります。瞑想をしたり、アロマセラピーをしたり、本を読んだり…

ここでは、快眠するために気をつけることとしたほうがいいことを学び、日々の生活に取り入れていきましょう。

1.快眠のために気を付けること

1-1 ストレスや不安を対処すること

ストレスと不安は、夜眠れなくさせる主な原因となります。だからこそ、より良い睡眠を得るためには、ストレスの管理が最優先されるべきです。ストレスに対処しなければ、熟睡できないだけでなく、朝になると疲れた体からさらにストレスホルモンが分泌され、睡眠不足の悪循環に陥ってしまいます。

1-2 寝る前にお酒を飲まないこと

みなさんの身近なストレス解消法はなんでしょうか?お酒を飲んで気分を落ち着かせる人が多いと思います。お酒を飲む前に、アルコールが睡眠にどのような影響を与えるかを知っておきましょう。結論から言うと、睡眠に良くないです。アルコールは概日リズムと睡眠パターンを乱し、睡眠の中で最も若返るレム睡眠の時間を短くします。
可能であれば、特に就寝時間に近い時間帯はアルコールを飲まないようにしましょう。そして、もし何かを飲む場合は、適度な量にしましょう。夕食と一緒に赤ワインをグラス1杯に制限するか、週末に味わうようにしましょう。

2.快眠のためにしたほうがいいこと

2-1 リラックス

夜はリラックスして心を落ち着かせるのに適した時間です。湯船につかり一日の疲れをとりましょう。そして、寝る前にカモミールティーを飲み体を温めましょう。就寝時間が迫ってきたら、スマホの電源をオフにして、部屋の明かりを低めにします。こうすることで、寝る前の習慣として身に付き、よく眠れるようになるでしょう。

2-2 瞑想

毎日30分ほど黙想をした方が良いと言われています。慣れていない人や始めたばかりの人は1日5分でもいいので瞑想してみましょう。また、黙想は近年流行となりつつあります。その理由は、瞑想することで、ストレスや不安を減らすと科学的に証明されているからです。瞑想は、睡眠を改善し、血圧を下げ、気分を高める効果があります。

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。
関連コンテンツ