睡眠基礎知識

これだけは抑えておきたい3つの安眠ノウハウ

入眠前にできる簡単快眠テクニックをご紹介します。例えば、寝る前にスマホを見ることは、睡眠の質に大きく影響します。

1. ブルーライトを浴びない

スマートフォンを持って、ベッドに横たわる習慣を断ち切るのは難しいものです。しかし、寝る直前までスクリーンを見続けることが体に良くないとわかっていても、ほとんどの人がそうしてしまいます。寝る前にスマホを見てしまうことは、睡眠の質を下げます。

パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビの画面は、ブルーライトを放出し、睡眠を阻害し、さらには不眠症を引き起こす可能性があります。

より良い睡眠を得たいなら、スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、テレビを寝室に置かないようにしましょう。

2. 静かで、暗い寝室を作る

良い睡眠衛生は寝室に左右されます。

寝室の温度から騒音レベル、暗さまで、すべてが眠りの質に影響を与えます。

3. 正しい姿勢で寝る

姿勢が悪いと、首の痛み、疲労、筋肉の痙攣、さらには睡眠時無呼吸症候群の原因にもなります。

仰向けで寝るのが安眠のためのベストな姿勢であり、うつ伏せで寝るのは最悪の姿勢だとされています。

快適な姿勢で寝ることで、身体は十分な休息がとれます。また、頭と首を十分に支え、身体のラインに沿うような枕を購入しましょう。

ABOUT ME
アバター
駒形 俊太郎
OFF inc CEO。CBD商品の製造・販売事業を実施中。 CBDについて分かりやすく、面白い記事を書いていこうと思います。
関連コンテンツ