CBD基礎情報

【医学的成果】CBDの効果効能に関しての興味深い研究👩🏻‍🔬

CBDに関する研究のほとんどは、動物モデル、もしくは、ヒト細胞(試験管内での実験)を用いて行われています。これらの研究は、CBDがどのように機能するかについての優れた洞察を提供してくれています。

従来の治療では反応がよくない疾患に対してCBDの有効性を証明することができています。

一方で、人間を対象に行われたCBDの研究が不足していることを認めなければなりません。CBDを普及させるためには、人間を対象とした研究がより多く必要です。

アメリカでは、連邦政府の規制により、研究者がCBDの臨床試験を行うことは難しくなっています。しかし、不可能ではありません。

今回は、生きている人間の患者を対象に行われたCBDの研究の中で、最も興味深いものを紹介します。CBDが個々の患者の病状に与えた影響だけでなく、患者全体の健康に与えた影響についても調べてみました。

1. CBD vs 難治性のてんかん

通常、てんかん障害は、発作を抑えるために強い薬で治療します。

残念ながら、ドラヴェット症候群のように、従来の抗てんかん薬にうまく反応しないタイプのてんかん障害、難治性てんかんもあります。

患者は毎週何百回もの発作に悩まされたままです。これは、身体的な発達だけでなく、精神的な健康にも影響を与えます。

ドラヴェット症候群の薬剤抵抗性発作に対するカンナビジオールのトライアル」と呼ばれる研究では、従来の抗てんかん薬では反応が悪かった難治性てんかんにもCBDが有効であることが実証されました。

この研究では、死亡率の高い難治性てんかんの一種であるドラヴェット症候群の子ども120人が対象となりました。通常の抗てんかん薬に加えて、子供たちにはCBDが投与され、一部の子供たちにはプラセボが投与されました。

その結果は驚くべきものでした。CBDを投与された子供たちは、プラセボを投与された子供たちと比較して、発作の頻度が大幅に減少したのです。

てんかんに対するCBDの効果を証明する逸話はたくさんあります。

シャーロット・フィギの話は、世界中の多くの人々の心を動かしました。

てんかんのためにCBDを使用したもう一つの有名なアカウントは、ヘイリーの話です。ヘイリーは重度のてんかんと脳性麻痺に悩まされていました。

彼女の状態は、従来の抗てんかん薬では対抗することができませんでした。彼女の両親がてんかんに対するCBDの効果を知ったとき、彼らは自分の子供のために薬を試してみたいと思いました。

娘に人生のチャンスを与えるために、家族はあらゆることに挑戦し、コロラド州に移りました。ヘイリーは、高CBDと低THCを与えられ、この組み合わせは彼女の発作を制御するのに役立ちました。

実際、彼女の話は、てんかんの子供を持つ何千もの家族に希望を与えています。

てんかんは命に関わることもありますし、CBDとの薬物相互作用も考えられます。てんかんにCBDを使用する前に、特に患者が子供の場合は、必ず医師に相談してください。

2. CBD vs がんの痛み

日本でもそうですが、アメリカでは、がんは何百万人もの人に影響を与える致命的な病気です。

がんは手術、化学療法、放射線療法などの抗がん剤治療で治療できますが、治療後にがんが再発することもあります。

化学療法はがん細胞を死滅させますが、この治療を受けているほとんどの患者さんは、吐き気、嘔吐、体重減少、がんの痛みなどの副作用を起こします。

今回紹介する研究では、CBDががんの症状に効果があることが示されています。

CBDとがんの痛みに関する研究「難治性がん関連疼痛患者を対象としたCBD抽出物とTHC抽出物の有効性、安全性、忍容性に関する多施設共同二重盲検無作為化プラセボ対照並行群間比較試験」と呼ばれるなんとも仰々しい研究では、CBDががんの痛みをコントロールできることが示されました。

この研究では、177人のがん関連疼痛患者を対象に、CBDとTHCの併用療法を行った。

参加者はすでにオピオイド治療を受けていましたが、痛みをコントロールするには十分ではありませんでした。CBDとTHCの併用投与を受けた患者は、痛みに関して最も改善が見られました。

もう一つの研究では、化学療法による吐き気や嘔吐にCBDが効果的に作用することを述べています。この研究は「化学療法誘発性悪心・嘔吐に対する口腔内標準化大麻抽出物の有効性と安全性の予備的検討 」と呼ばれています。

この研究には、従来の制吐剤治療では緩和されなかった悪心・嘔吐を有する化学療法患者16人が参加した。

CBD/THC療法を受けた患者は、プラセボを受けた患者と比較して、吐き気と嘔吐の症状のコントロールが改善されました。この治療法はまた、遅発性の化学療法による悪心・嘔吐からの患者を保護しました。

アレクサンダーは、化学療法と彼の腫瘍を除去するための多数の手術を受けていた。医師はまた、彼の吐き気、嘔吐、癌の痛みをコントロールするためにいくつかの薬を投与しました。

しかし、残念なことに、これらの薬は彼の病状を改善することはほとんどありませんでした。彼のがんは再発し、今度は肺に転移していました。

彼の両親は、息子の余命数ヶ月という悪い知らせを受けました。医療用カンナビスが息子を助けることができるのではないかと期待して、両親はゴールドスタイン博士に相談しました。化学療法と並行して、彼女は息子にCBDとTHCの比率を均等にした高濃度の治療を施しました。

3日後、症状は改善し始めました。そして3ヶ月後、癌ではないことを示しました。カンナビス治療中は、CBDとTHC療法ががんの痛みを効果的にコントロールしていたため、従来の鎮痛剤の投与量を減らすことができました。食欲も改善され、通常の体重も取り戻したのです。

痛みや吐き気の症状に対しては、CBDはTHCとの組み合わせが効果的であることが分かっています。この組み合わせは、様々な理由から、すべての人に適しているわけではありません。その場合は、CBDだけを使用することもできます。繰り返しになりますが、CBDやTHCを薬物療法に加える際は、必ず医師に相談してください。

3. CBD vs ストレス・不安

極度の不安とストレスに苦しんでいる人にとって、他人に「リラックス、リラックス」と言われるのは腹立たしいものです。

この精神状態が神経伝達物質のレベルの異常によって引き起こされることがあることを、ストレスや不安で苦しんでいる人は理解していません。
不安障害に苦しんでいる人たちは、自分は、通常の状況に過剰に反応しているだけだと思っているのです。
しかし、そうではありません。不安障害の人の脳内では、ストレスに対する心の反応をコントロールすることができません。
CBDはこのアンバランスさを制御できます。

カンナビジオールは、「社会恐怖症患者の人前で話すことによって誘発される不安の軽減」と呼ばれる研究で示されています。
この研究には、一般化社会不安障害(SAD)の患者24人が参加しました。
そのうち半数がCBD治療を受け、もう1人はプラセボを投与されました。
CBDを受けた人は、人前でのスピーチテストの前に、より穏やかでリラックスした気分になることができました。
CBDは彼らを落ち着かせ、ストレスや不安のレベルを下げることができたのですCBDはストレスや不安に対して効果的な治療法です。

ベン・ニコルの話が証明しているように、心的外傷後ストレス障害に悩む患者さんにも効果があります。
ベンは9歳の時からPTSDの症状に悩まされていました。
彼の病状とともに、注意欠陥障害や不眠症、落ち着きのなさ、集中できないなどの症状にも悩まされていました。
医療用カンナビス治療を受けたところ、症状が大幅に改善されました。
カンナビスは彼を落ち着かせ、非常に活発な思考プロセスを鈍らせ、ストレスや不安のレベルを下げ、睡眠を改善しました。
医療用カンナビス治療では、ベンはより多くのタスクに集中することができたのです。

4. CBD vs 多発性硬化症

多発性硬化症は、病気が進行するにつれて悪化し、患者が適切に機能することがほぼ不可能になります。
衰弱性の筋肉の硬直や痙攣、歩行障害、睡眠障害、神経障害性疼痛などの症状があります。
さらに、患者さんの精神的な健康にも影響を与え、気分転換、抑うつ、記憶力の問題などを引き起こします。

多発性硬化症に伴う神経障害性疼痛に対する⊿9-THC / CBDの治験活用」と呼ばれる研究を紹介します。

この研究では、CBDとTHCの併用で多発性硬化症の症状をコントロールできることを証明しました。
この研究には66人の患者が参加しました。患者は2つのグループに分けられ、1つはCBD/THC治療を受けたグループ、もう1つはプラセボを受けたグループに分かれました。
CBD/THC治療を受けた患者は、神経障害性疼痛を含む多発性硬化症の症状の全体的な改善を報告しました。
神経障害性疼痛は、オピオイドのような典型的な鎮痛剤では十分に治療できません。
神経障害性疼痛の効果的な治療法は、カンナビノイド研究の中で最もエキサイティングな開発の一つです。

ジェイブは、非常にアクティブな生活を送っていましたが、多発性硬化症によってそのような生活に歯止めがかかりました。
彼は多発性硬化症の症状を制御するために多くの薬を服用しました。
残念なことに、完全にそれらを制御することができず、薬は、彼に副作用を及ぼしました。
ジェイブは自殺願望のある深いうつ病にも陥りました。彼の妻は彼の安全を気にかけていたので、家の中に武器がないことを常に確認していたほどです。

彼は当初、医療用カンナビスに反対していましたが、友人からカンナビスを吸わせてもらったたことで、即効性があったため、彼の考えが変わったようです。
今日、ジェイブは主に多発性硬化症の症状をコントロールするためにカンナビス療法を使用しています。
彼は、1つの薬を除いて、従来の薬の服用をやめました。彼はエネルギーを高め、疲労をコントロールするために、高用量のCBDを使用しています。

これらは、CBDと人間の病気治療の研究の一部に過ぎません。他にもたくさんの興味深い研究があります。
これらの臨床試験や逸話は、数が限られているとはいえ、CBDの有望な結果を示しています。
医療用カンナビスに対する人々のニーズが、立法者にカンナビスの法規制を緩和することを迫る日もそう遠くはないでしょう。
そうなれば、より多くの臨床試験が行われることになります。そうなれば、患者に対するCBDの効果をよりよく理解することができるようになります。
何よりも重要なのは、慢性的な痛みやてんかんのような様々な病状に苦しんでいる人々が、より良い人生を送るチャンスを得られることです。

最後に、このメディアでも取り上げたCBDの効果効能に関しての記事を紹介しておきます。今回の記事でCBDの神秘的な効果に少しでも興味が湧いた方は、是非ご一読ください。

ABOUT ME
アバター
LUNA
tokyo mooon編集長。青山や代官山によく足を運びます。